エンジニアになる前に知っておくべきこと3つ。ギャップにやられて挫折する前に見てください

エンジニアになりたいけど、その前に実際どんな感じなのか本当のところが知りたい

エンジニアになる前に、注意すべきことがあれば知っておきたい

という悩みを抱えている人は、意外と多いと思います。

エンジニアに対して憧れがあっても、実際のところはどうなのかがわからないと不安ですよね。

実際どうなのか?というのは経験した人でないとわかりませんし、ネットで検索してもイメージしづらいと思います。

「いざエンジニアになったときに思ってたのと違ったら嫌だし、やっぱりやめとこうかな・・・」

と弱気になってしまうのも無理はありません。

かくいう私も、現在はエンジニアとして働いていますが、なりたての頃は

「思ってたのと全然違う」
「楽しくない、辛い」
「もう辞めたい」

といったことを毎日感じており、当時はかなりぎりぎりだったことは今でも覚えています・・・。

エンジニアになる前は憧れを抱いていましたが、いざなってみると自分がイメージしていたものとは全く違っていたんですね。

今振り返ってみると、「エンジニアについて徹底的にリサーチしてみる」という行動ができていなかったように思います。

どういった仕事なのか?というのを事前に理解しておけば、挫折するリスクは減らせるはずです。

とはいえ、ネットで調べるだけでは限界がありますし、実際に自分で経験しないとわからないことは多いと思います。

そこで、今回は私と同じように不安を抱えている人に向けて、エンジニアになる前に知っておきたかったことを実体験を踏まえて解説していきます。

人と関わらない仕事がしたいという理由でエンジニアになると失敗する

エンジニアになってみて身をもって痛感したのは、エンジニアはめちゃくちゃ人と関わる仕事だということです。

そのため「人と関わらない仕事がしたい」という理由でエンジニアになると、高い確率で挫折します。

私も就活をしていた当時は

「とにかく人と関わらない仕事がしたい!」

というのを重視していて、パソコン好きというのもあり

「エンジニアならPCいじれるし人と関わらずに済むのでは?」

という考えを持っていました。

ですが、実際には全くそんなことはなかったです。

お客さんや他のメンバー、上司などは言うまでもなくめちゃくちゃ関わりますし、むしろ今ではエンジニアこそ最もコミュニケーション能力が求められる仕事なんじゃないかとまで思っています。

私はテスト用のプログラムを作るエンジニアをやっていますが、仕事の流れとしては

「上流から仕様書が出てくる→その通りにプログラムを作る→デバッグ→結果を報告」

という感じで、基本的に上から仕様書が出てくるのでその通りにプログラムを作り、デバッグして結果を確認するという流れになります。

ですが、エンジニアの仕事としては、これだけでは足りません。

例えば出てきた仕様書に間違いがあれば指摘する必要がありますし、ミスがあればメールなどを出して確認しないといけません。

出てきた仕様書をそのまま使うのではなく、「その仕様は本当に正しいのか?」ということを考えるのもエンジニアの仕事です。

直接人と話すというのは少ないのですが、メールやチャットがバンバン入ってくるので返信しないといけない・・・というのが現実です。

その際にはもちろんメールの文章を考えたり、チャットならどう返すべきかを考えて返信する必要がありますよね。

こういったところで、「相手の気持ちを考える」というコミュニケーション能力が必要になってくるわけです。

時には一日中チャットで連絡を取り合いながら仕事をすることもあります。

エンジニアは、「人と関わらずただ椅子に座ってPCをいじる仕事」ではないのです。

だから、人と関わりたくないと思ってエンジニアになると、ギャップにやられて辞めたくなる・・・といったことが起こってしまうわけです。

「自分で調べる」が当たり前の世界

IT業界、特にエンジニアの仕事はわからないことは自分で調べるというのが基本になってきます。

質問するにしても、まずは自分で調べる → それでもわからなければ質問するといった風にしないと、高い確率で

「何が聞きたいの?」
「抽象的過ぎてわからない」
「自分で調べて~」

と言われてつき放されます。

自分の仕事が忙しいというのもあるとは思いますが、やはり調べればわかることは自分で調べるというのが基本的なスタンスになっているのは確かです。

そのため、質問する際には

「何がわからないのか?」
「何を聞きたいのか?」
「どうすれば相手に伝わるか?」
「なるべく相手の負担を減らすにはどういった聞き方をすればいいか?」

といったことを考える必要が出てきます。

私も入社したばかりの頃、ツールの使い方が分からず質問したら

「それならマニュアルがあるから読んどいて~」

と、マニュアルを渡されて放置された経験があります。

こうなると、マニュアルを見てもわからなかった場合は詰んでしまいますよね。

こういったことが積み重なると、ストレスを溜め込んで嫌になり最終的に退職・・・といったことにもつながってしまいます。

そのため、自分で調べて問題を解決する能力を身につけておくことは、エンジニアをやっていく上で重要になってくると思います。

1年くらいは修業期間と思ったほうが良い

ぶっちゃけ、入社して1年くらいは修行期間と思った方が良いです。

私もそうでしたが、入社後1年くらいは常に分からないことが多すぎて、周りに質問しまくってぎりぎり仕事をこなす・・・という状態でした。

もちろん、どんな業界でも最初は勉強ですが、それでもエンジニアという仕事は上達するのにかなり時間がかかる方だと思います。

私は当時

「エンジニアになれば、一日中パソコンをいじってお金がもらえる!」

というふうに考えていましたが、これは一人で仕事ができる場合の話です。

最初は、

「質問しても理解できない」
「自分で調べてもわからない」
「知恵熱が出る」

といった状態が続きます。

そのため、ここで耐えられずに挫折してしまう可能性はかなり高いと思います。

でもエンジニアはおすすめです

ここまでで、エンジニアの仕事についてネガティブな感じで書いてきましたが、それでもエンジニアを目指すのは断然アリだと思っています。

エンジニアは何より得られるスキルがめちゃくちゃ多いですし、自分の成長を肌で感じることができる数少ない職業です。

例えば、

  • プログラミングスキル
  • ツールを扱うスキル
  • 相手の気持ちを察するコミュニケーション力
  • わからないことを自分で調べて解決する能力
  • 自分で考える力

ざっと考えてみても、これだけあります。

自分で勉強しないと仕事についていけなかったりと辛いところもありますが、その分見返りはかなり大きいです。

最初は全くわからなくても、1年・2年と経過したときに驚くほど自分が成長していることに気づくはずです。

ぶっちゃけ、これらの能力を身につけることができれば余裕で独立できると思いますし、会社に依存しなくても普通にやっていけると思いますよ。

途中で挫折しないエンジニアになるには

エンジニアになりたい!と思っても、どうすればなれるのかがわからないと行動できませんよね。

私が思うに、選択肢は大きく分けて二つあります。

プログラミングスクールで効率的に基礎知識を身につける

これからエンジニアを目指すなら、いきなりプログラミングスクールに通ってしまうというのがおすすめです。

ぶっちゃけ、独学だと挫折する確率はかなり高いです。

「わからないことがあっても聞ける人がいない」
「ネットか本しか情報源がない」
「調べて分からなければ保留にするしかない」

こんな感じで、独学だとどうしても効率が悪くなってしまいます。

わからないことを自分で調べるというのは慣れていないうちは結構きつくて、私自身1時間ぶっ続けで調べても何の手がかりすらつかめない・・・といったことを何度経験したかわかりません。

こういったことを経験する中で、多くの人は独学を続けられずに「もういいや」となって挫折するわけです。

実際、わたしも独学でWEB制作の勉強をしていましたが、ある程度基礎が身につくまでまるまる1年かかっています。

そのため、効率的にかつ最短ルートでスキルを身につけたいなら、プログラミングスクールに通うのがおすすめです。

プログラミングスクールならわからないことがあってもすぐに聞けますし、疑問をその場で解消できるので上達も早いはずです。

初期費用はかかりますが、確実に値段以上のものを得られることは間違いありません。

プログラミングスクールは、知名度が高くコスパも良いプログラミングのオンラインスクールCodeCamp TechAcademy [テックアカデミー] あたりが良いでしょう。

特にCodeCampではオンラインでの受講もできますし、自宅で受講したいという人にはぴったりだと思います。

基礎知識さえ身につけてしまえば、あとは独学でも十分やっていけるはずです。

プログラミングスクールでパパっと基礎を身につけて、優秀なエンジニアを目指しましょう。

転職エージェントを活用して自分に合う会社を探す

エンジニアへの転職を考えているなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントは、求人の紹介から経歴書の作成・面接対策などのサポートを行ってくれる無料の仲介サービスのことです。

エージェントは企業から利益を得ているので、サービス利用者は無料で利用することができます。

ぶっちゃけ、挫折するかしないかは環境に大きく左右される部分が大きいです。だからこそ、自分に合う環境を徹底的に探すことはめちゃくちゃ重要になってきます。

ですが、自分で1から求人を探すとなると、日本に存在する数10万社の中から自力で探し出さないといけません。

「この会社は良さそう」と思っても、いざ入ってみたら思ってたのと全然違う・・・なんてことはよくある話です。

失敗するリスクを減らすという意味でも、エージェントを活用することは重要なのです。

もちろんエージェントを利用したからといって100%成功する保証はないですが、自力でやるよりはプロの力を借りたほうが確実に良いのは確かです。

それに、転職活動を一人で全てやるというのは、負担が大きすぎます。

「求人探し → 経歴書作成 → 面接」

1社受けて落ちたら、またこれを1からやり直さないといけません。働きながら転職活動するとなれば、確実にキャパオーバーします。

自分を追い込みすぎて「疲れたからもういいかな・・・」となってしまったら、めちゃくちゃもったいないですよ。

その点、とりあえずエージェントを活用しておけば、あなたにマッチしそうな会社だけを紹介してくれたり面接で悪かったところをフィードバックしてもらえるなど、かゆいところに手が届きます。

効率は格段に上がりますし、負担も減らせるはずです。

エンジニアに転職するなら、エージェントを活用して効率的に活動していきましょう。

転職エージェントは、知名度トップクラスのマイナビジョブ20'sDODAあたりを使うのが良いでしょう。

変化やリスクを恐れる必要はない。自信をもってエンジニアを目指そう

エンジニアになりたいけどぶっちゃけ不安を感じる・・・という人の多くは、変化やリスクを恐れすぎています。

仮に挫折してしまったとしても、少し休んでもう一度挑戦すればいいだけです。

むしろ、もう無理だと諦めてしまうことのほうがよっぽどのリスクですよ。

それで現状維持を続けたとしても、自分の望む未来が来ることはありません。

望む未来を手に入れたいなら、とにかく挑戦し続けるしかないのです。

まずは入門書を一冊買ってみる、というのでも構いません。人生を変えるための一歩を踏み出すことが、重要ですよ。

WordPressテーマ「SIMPLE」

simple

「SIMPLE」は、シンプルなデザインと多彩な機能を兼ね備えたオリジナルWordPressテーマです。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。