エンジニアが暇なときにやるべきこと3つ。ネットサーフィンで時間を無駄にする前に見てください

残業多すぎるのも嫌だけど、いざ暇になると意外とやることがなくてつらい。
どうせ暇なら自分のために時間を使いたいけど、具体的に何をすればいいのかわからない!

こういった悩みを抱えているエンジニアは、意外と多いんじゃないかと思います。

エンジニアとして働いていると「先週は残業地獄だったのに急に落ち着いて暇になる」といったことはよく起こりますよね。

かくいう私も現在エンジニアとして働いていますが、

「装置が使えなくて仕事ができない+他にやることもない → 1日暇」

なんてことはよくあります。

当時は残業が嫌すぎて「仕事なくなればいいのに・・・」とか考えていましたが、いざ暇になるとそれもそれで辛いんですよね。

おかげで「やることがないってこんなにきついんだ」ということを身をもって知ることができました・・・。

今振り返ってみると、暇な時間を無駄にせず自分のために有効活用していれば、今頃はもっと良い未来になっていたんじゃないか?と思うようになりました。

正直、あのときあれだけ時間があったのだから、もっと自分を高めるためにいろいろ行動しておけばよかったな・・・と今になって後悔しています。

そこで、ふと「自分と同じような悩みを抱えている人は意外と多いんじゃないか?」と思ったので、自分の経験を記事にしてみようと思いました。

ということで今回は、今の自分が当時に戻ったら暇な時間に何をするか?といった視点から、エンジニアが暇なときにやるべきことについて解説していきます。

暇な時間に仕事をしても会社の利益にしかならない

エンジニアが暇な時間にできることを考えてみると、

  • 作業の自動化
  • 会社にとれと言われている資格の勉強
  • マニュアルの作成
  • ほかの人の仕事をもらう

など、いろいろと思いつきます。ネットで調べてもこんな感じのものが出てきますね。

ですが、ぶっちゃけ暇な時間にまで仕事したくないですし、できれば自分のためになることをしたい・・・と心の底では思っているはずです。

とはいえ、出勤している状態だとできることは限られてきます。

ネットサーフィンくらいならできるとは思いますが、どうどうとブラウザゲームをやってばれた日には即上司に呼び出しを食らうことは目に見えていますよね。

そのため仕方なく興味のない資格の勉強やマニュアルの作成などをするわけですが、正直これをやったところで会社の利益にしかなりません。

興味のない資格の勉強をしたところで知識として身に付きませんし、マニュアルの作成も他の人の役には立ちますが、結局は単純作業なのでスキルアップにもつながりません。

私も会社に言われていろいろと資格を取りました。

  • ITパスポート
  • C言語プログラミング能力認定試験3級

ですが、見返りは給料+1万円だけでしたし、もともと興味がなかったというのもあり、勉強したことが今役に立っているという実感もなかったです。

それに、こういった難易度の低い資格を取ったところで転職に有利になるわけでもないですよね。

もちろん興味を持って取り組めるのであれば良いのですが、興味がなければやる意味もないと思います。

結局のところ、会社に所属している限り、自分の頑張りというのはほとんど会社に持っていかれてしまうわけです。

仕事をしてもしなくても、給料は変わらない

私は、会社員ならとにかく「サボれるときはサボる」 というのが重要だと思っています。

もちろん仕事を適当にやれと言っているわけではないですが、空いた時間までわざわざ探して仕事をする必要はないのです。

就業時間中に仕事をしないというのは少し罪悪感を感じてしまいますが、気にしなくて良いです。

はっきり言って、8時間サボっても死ぬ気で働いても給料は同じですよね。

私の場合、

「ただでさえ給料低いのに残業多くて時間もない、帰れない・・・」

という状況が1年以上続いていました。

そんな中、

「どれだけ働いたところで、給料は変わらない。それなら、とにかく早く仕事を終わらせて空いた時間を自分のために使ったほうが良いのでは?」

と思い始めたんですね。

残業地獄から抜けだすには、とにかく空いた時間で自分を高めるということが必要でした。

もし同じような悩みを抱えている人がいるなら、とにかく仕事がなくて暇なときはにかく自分のために時間を使うというのが重要だと私は思います。

空いた時間は自分のためになることをやる

前述したとおり、マニュアルを作ったり作業を自動化してみたりなど、空いた時間にできることはいろいろ考えられます。

ですが、その会社に定年までいるつもりがないのなら、暇な時間は自分のために活用すべきです。

今のところは辞めるつもりはなくても、今の会社で定年まで働きたいという人は少ないはず。

そのため、ほとんどの人はどこかのタイミングで独立なり転職なりを考えることになります。

ですが、いざそのときになって

「やりたいことはあるか」
「どんな未来にしたいのか」

といったことを考え始めても、おそらく「どうしたらいいかわからない」と悩むことになります。

こういったことは一朝一夕では出てきませんし、アイデアを出すには時間がかかります。

アイデアがなければ行動することもできません。

だからこそ、暇な時間を使ってプランを練っておくことが重要になってきます。

そうすれば、時間を無駄にすることもなく、自分の未来をより良くするために時間を使うことができるはずです。

現状に満足していないのであれば、空いた時間を使って未来のプランについて考えておきましょう。

エンジニアが暇なときにやるべきこと

暇な時間は将来について考えようと言いましたが、あからさまにサボっていることがばれるのは避けたいですよね。

そのため今回は

  • 出勤していてもできる
  • サボっているとばれにくい
  • 自分のためになる

こういった点を満たした選択肢について解説していきます。

オンラインスクールで身につけたいスキルの学習をする

いざ転職!となったときに困らないためにも、新しいスキルを身に着けておくことは重要です。

ですが、会社から強制されたことをやっても意味がありません。

新しいスキルをちゃんと身につけたいなら、オンラインで本格的な学習ができるプログラミングスクールがおすすめです。

当然、プログラミングスクールなのでかなり高額な初期費用(20万、30万など)がかかってしまいます。

ですが、「先にお金を払ってしまう」というのは良いところもあります。

先にお金を払ってしまったら、なんとしてでもそれ以上の金額を稼いで取り返したいと思いますよね。最初に払った金額が大きければ大きいほど勉強のモチベーションは高まります。

私もお金ないのに調子に乗ってMacbookを買ってしまったことがありますが、そのおかげで「絶対ブログで稼ぐぞ・・・」というモチベーションを維持することができています。

結局、人間なんて自分を追い込まないとすぐ怠けますし、いつまでたっても行動しないものです。

先にお金を払うと「もう払っちゃったから、絶対やらないと・・・」という感じで嫌でもやる気になりますよ。

それに、独学だとわからないことがあっても人に聞けないので、非効率になり時間がかかります。

  • わからないことがあっても人に聞けない
  • 調べてもわからなければ保留にするしかない
  • 非効率になりがちでスキルを習得するのに時間がかかる

こういったことがあるので「わからないからもういいや」と挫折する人が多いわけです。

一方、プログラミングスクールならわからないところはすぐに聞けますし、「全然わからないからもういいや」と挫折することもないはず。

オンラインプログラミングスクールに通うなら、知名度も高くコスパも良いプログラミングのオンラインスクールCodeCamp がオススメです。

勉強はオンラインで完結しますし、習得できるスキルも多いです。

  • WEB系
  • WEBデザイン
  • Ruby
  • Java
  • Python
  • WordPress

まずは興味のありそうなものを探してみてください。

いざという時のためにエージェントに登録しておく

いざという時のためにエージェントに登録しておくことも重要です。

転職エージェントは、経歴書の作成・面接対策・求人の紹介などのサポートをしてくれる無料の仲介サービスです。

企業 → エージェントにお金が流れるので、サービス利用者は無料で利用できます。

さらにいえば、利用者が採用されない・採用されても半年以内に離職してしまうとエージェントは利益を得られないので、本気でサポートしてくれますよ。

ぶっちゃけ、転職活動を一人でやると意外とやることが多くて負担が大きいです。

その点、エージェントは無料で面接の対策とかもやってくれますし、効率を上げたいなら使わない手はないです。

登録は数分でできますが、こういうのっていつでもできますし、めんどくさくて結局やらないものです。

どうせ暇なら、いい機会なので登録しておきましょう。

エージェントは、知名度が高いマイナビジョブ20'sDODAあたりを使うのが良いでしょう。

エージェントを利用すれば必ず転職できるわけではないですが、一人でやるよりは成功率は高いはずです。

求人サイトに登録だけしておいて、定期的に求人を確認する

前述しましたが、事前準備も何もなくいきなり転職活動を始めようと思っても、何をしていいかわからず行動できなくなってしまうと思います。

暇な時間があるなら、きたる日のために事前にできることをしておきましょう。

とはいえ、求人サイトに登録しておくだけでも「情報を集める」という事前準備につながります。

  • どんな会社があるのか
  • 自分に合いそうな会社はあるか
  • 自分に向いている職種はあるのか
  • そもそも会社員として今後もやっていくのか

こういったことがある程度でも明確になっていないと、ふわふわしたまま活動することになりますし、そんな状態で活動しても結局失敗します。

だからこそ、自分でリサーチして判断材料を集めることが重要なのです。

求人サイトなら、どんな求人があるのか?という生の情報をいくらでも見れるので、情報収集するなら使わない手はないですよ。

結局、最後に勝つのは「コツコツとリサーチを続ける」という地味な作業を継続した人です。

暇な時間に5分眺めるだけでも、それを継続すれば確実に未来は変わります。

求人サイトは、エージェントと同じくマイナビジョブ20'sDODAあたりがオススメです。

また、フリーランス向けの求人サイトというものもあります。独立を目指しているなら、見ておいて損はないと思いますよ。

フリーランス向けの求人サイトは、ギークスジョブ レバテックフリーランス 【midworks】 あたりがオススメです。

ネットサーフィンを始める前に、もう一度自分の未来を考えよう

会社でやることがないと、ついネットサーフィンなどをして時間を潰してしまいがちです。

ですが、この時間をどう使うかで、未来は大きく変わってきます。

勉強しようと思っても、家に帰ったらどうせ怠けます。

だからこそ、こういった会社での暇な時間というのは、自分を高めることのできる貴重な時間なわけです。

身につけたいスキルの勉強をしてみる、転職するときのためにリサーチをするなど、できることはいろいろあります。

未来を見据えて、自分のために時間を使っていきましょう。

WordPressテーマ「SIMPLE」

simple

「SIMPLE」は、シンプルなデザインと多彩な機能を兼ね備えたオリジナルWordPressテーマです。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。