SEOの本質は、「読者の問題を解決すること」です

こんにちは、マルユメ@ブロガーです。

本記事では、

[chat face=”chara1.png” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]SEOの本質が知りたい![/chat]

[chat face=”chara2.png” align=”left” border=”red” bg=”red” style=”maru”]SEOにおいて最も大事なことが知りたい![/chat]

このような人に向けて下記の内容を解説します。

[box03 title=”目次【記事の内容】”]

  1. SEOの本質は、「読者の問題を解決すること」です

[/box03]

実際にブログを一年以上運営してきた経験をもとに、SEOの本質は「読者の問題を解決すること」である理由を解説します。

この記事を読めば、SEOの本質がわかり、上位表示される記事を作れるようになります。

1. SEOの本質は、「読者の問題を解決すること」です

SEOの本質は、「読者の問題を解決すること」です

理由は、以下の通りです。
[jin-iconbox12]

  • 検索エンジンの目的は、ユーザーに適切な情報を提供することにある
  • 検索上位に上がっている記事は、ユーザーの知りたいことを網羅している
  • 「検索ワード」=「読者の問題」である

[/jin-iconbox12]
詳しく説明していきます。

検索エンジンの目的は、ユーザーに適切な情報を提供することにある

そもそも論として、GoogleやYahooなどの検索エンジンは、「ユーザーに適切な情報を届ける」ことが目的ですよね。

なので、検索上位に表示されるコンテンツは、ユーザーの求める情報が適切に表示されていなければならないはずです。

というか、実際そうなっています。

試しに、「SEO 本質」でGoogle検索してみると、下の画像のような結果が出てきます。

SEOの本質は、「読者の問題を解決すること」です

SEOの本質は、「読者の問題を解決すること」です

SEOの本質は、「読者の問題を解決すること」です

各記事のタイトルを見てみると、すべての記事が以下の二つのどちらかであることがわかります。
[jin-iconbox12]

  • SEOの本質について解説した記事
  • SEOについて解説した記事

[/jin-iconbox12]

ユーザーの気持ちを考えよう

「SEO 本質」というワードで検索する人の気持ちになって考えてみてください。

この人たちは、他でもない「SEOの本質」が知りたいから検索しているわけですよね。

このことから、「SEO 本質」で検索するユーザーは、
[jin-iconbox12]

  • SEOの本質がなんなのかわからない
  • SEOとはなんなのかよくわからない

[/jin-iconbox12]
このような問題を抱えているということがわかります。

もう少し深掘りすると、このワードで検索しているユーザーは、少なくとも「SEO」という単語自体は知っているので、「もしかしたらユーザーは自分のコンテンツを上位表示させて流入を増やしたいんじゃないか?」というような推測をすることもできます。

検索上位を取れる記事を作るには?

読者の問題がわかれば、検索上位を取るためにやるべきことが見えてきます。

といっても、答えはかなりシンプルで、

ユーザーの問題を解決するコンテンツを作る

これだけです。

例えば、「SEO 本質」というワードで検索上位を取りたいなら、SEOの本質を解説する記事を作るだけです。

検索上位に上がっている記事は、ユーザーの知りたいことを網羅している

検索上位にあがっている記事を見ると、ユーザーの知りたい情報をとことん網羅していることがわかります。

例えば、
[jin-iconbox12]

  • SEOとは?
  • SEO内部対策とは?
  • SEO外部対策とは?
  • SEOのメリット・デメリット

[/jin-iconbox12]
などなど、書き出したらきりがないですが、こんな感じでユーザーの知りたいことを書き出していけば、検索上位を取ることができます。

ユーザーの潜在的な悩みを考える

検索上位の記事は、ユーザーの潜在的な悩みも考慮したコンテンツ作りをしていることが多いです。

例えば、「seo 本質」で検索する人の潜在的な悩みは、

SEOの本質を理解して、コンテンツを上位表示させ、流入を増やしたい。だけど、方法がわからない。

こんな感じです。

だから、SEOの本質と合わせて「コンテンツを上位表示して、流入を増やす方法」も同時に解説すると、よりユーザーの悩みを解決できるコンテンツが出来上がります。

「検索ワード」=「読者の問題」である

検索ワードは、言い換えれば読者の問題と捉えることができます。

なので、検索ワードを見れば、読者の問題はある程度推測できます。

例えば、
[jin-iconbox12]

  • 化粧水 口コミ → 化粧水の口コミが見たい 購入する前に口コミを参考にしたい
  • 筋トレ 方法 → 筋トレのやり方が知りたい 筋肉をつけたい
  • 観光 おすすめ → おすすめの観光地が知りたい 観光したい

[/jin-iconbox12]
このように、どんな検索ワードであっても、ユーザーがどんな悩みを抱えているかは大体わかります。

検索上位の記事を見れば、よりユーザーの悩みがわかる

検索ワードからの推測に加えて、上位表示されている記事を実際に見ることで、ユーザーの知りたい情報がなんなのかをより具体的に知ることができます。

なぜなら、その記事は、「ユーザーに適切な情報を提供している」とGoogleが評価しているからです。

Googleに評価されている、つまり検索上位にあがっている記事を見ることで、ユーザーにとって本当に必要な情報とはなんなのかを知ることができる、というわけです。

今回はここまでです。SEOの本質を理解したら、さっそくコンテンツを作ってみましょう。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です