プログラミングを勉強してwebサービスを作るには?

こんにちは、マルユメ@ブロガーです。

本記事では、

[chat face=”chara1.png” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]プログラミングを勉強してwebサービスを作る方法が知りたい![/chat]

[chat face=”chara2.png” align=”left” border=”red” bg=”red” style=”maru”]webサービスの作り方が知りたい![/chat]

[chat face=”chara3.png” align=”left” border=”blue” bg=”blue” style=”maru”]webサービス開発の勉強方法が知りたい![/chat]

このような人に向けて下記の内容を解説します。

[box03 title=”目次【記事の内容】”]

  1. プログラミングを勉強してwebサービスを作るには
  2. 作ったWebサービスを公開するには

[/box03]

実際にプログラミングを独学で1年以上勉強してきた経験をもとに、プログラミングを勉強してwebサービスを作る方法を解説します。

この記事を読めば、プログラミングを勉強してWebサービスを開発する方法がわかり、自分で開発、公開できるようになります。

1. プログラミングを勉強してwebサービスを作るには

プログラミングを勉強してwebサービスを作るには?

Webサービスを開発するには、
[jin-iconbox12]

  • プログラミングの基礎学習
  • Webサービス開発技術の学習

[/jin-iconbox12]
この二つが必要です。

Webサービスを開発するには、基礎学習だけでなく、開発技術も学ぶ必要があります。

とはいえ、これらを全て独学で勉強するのはかなりきついので、ここでは「プログラミングスクールに通う」ことをオススメします。

プログラミングスクールなら、基礎知識と開発技術を同時に学べるので、効率的に学習できます。

少しでも早くWebサービスを作れるようになりたい人は、迷わずスクールに通うべき。
[jin-iconbox12]

[/jin-iconbox12]
独学で勉強したい人は、
[jin-iconbox12]

[/jin-iconbox12]
など、一人でも勉強できるサイトやサービスは豊富に存在しているので、それらをうまく使って勉強するのがオススメです。

Webサービスの開発方法

Webサービスを開発するなら、「WordPress」を使うことをオススメします。

WordPressを使うメリットはいろいろあって、例えば
[jin-iconbox12]

  • プラグインにより簡単に機能を追加できる
  • テーマをダウンロードすることで、簡単にサービスの「型」を構築できる

[/jin-iconbox12]
などなど。

開発の流れとしては、

サーバーにWordPressをインストール → 作りたいWebサービスに合ったテーマをダウンロード → テーマのカスタマイズ+プラグインの追加

こんな感じで、まずはWordPressとテーマを使って「型」を作り、そこからテーマをカスタマイズしたり、プラグインを追加したりして自分のWebサービスにしていく感じです。

サーバーに関しては、「2. 作ったWebサービスを公開するには」で解説しているので、この時点でちょっとわからないという方は、先に2.を読むことをオススメします。

サーバーにWordPressをインストールする

WordPressのインストールは、サーバーによってやり方が多少異なりますが、ググればやり方はすぐにわかります。

例えば、
[jin-iconbox12]

  • 「エックスサーバー ワードプレス インストール」
  • 「ミックスホスト ワードプレス インストール」

[/jin-iconbox12]
このようにGoogle検索すればすぐに情報が出てきます。

作りたいサービスにあったテーマをダウンロード

例えば、
[jin-iconbox12]

  • 「ZOOMY」 → 会員登録・マイページ管理機能を搭載
  • 「GENSEN」 → 絞り込み検索機能を搭載

[/jin-iconbox12]
こんな感じで、例えば会員登録型のサービスを作りたい場合には、ZOOMYをダウンロードするだけで実現できます。

テーマのダウンロード

基本的に、テーマはネットからダウンロードします。
[jin-iconbox12]

  • 「WordPress テーマ 無料」
  • 「WordPress テーマ 有料」

[/jin-iconbox12]
こんな感じで検索すると、すぐにいろんなテーマが出てきますよ。

まずは作りたいサービスに合ったテーマを探すべし。

ダウンロードしたテーマを有効化する

テーマは、ダウンロードした後にWordPressの管理画面で有効化しないといけません。

まず、WordPressの管理画面にログインする必要がありますが、これに関しては簡単で、

https://あなたのドメイン/wp-login.php

このURLにアクセスしてログインすれば、管理画面に移動できます。

プログラミングを勉強してwebサービスを作るには?

プログラミングを勉強してwebサービスを作るには?

ネット上からダウンロードしたテーマはzipファイルになっているはずなので、「新規追加 → テーマのアップロード」で、ダウンロードしたzipファイルを選択すれば、アップロードできます。

プログラミングを勉強してwebサービスを作るには?

プログラミングを勉強してwebサービスを作るには?

あとは、表示されたテーマの「有効化」ボタンをクリックすれば完了です。

ちなみに、テーマはこの画面からもダウンロードできます。

プログラミングを勉強してwebサービスを作るには?

プログラミングを勉強してwebサービスを作るには?

テーマのカスタマイズ/プラグインの追加

テーマのカスタマイズとプラグインの追加は、管理画面から行います。

この画面で、テーマのコードを編集できます。

プログラミングを勉強してwebサービスを作るには?

同様に、プラグインの追加もできます。

プログラミングを勉強してwebサービスを作るには?

2. 作ったWebサービスを公開するには

プログラミングを勉強してwebサービスを作るには?

Webサービスを公開するには、
[jin-iconbox12]

  • ドメインの取得
  • レンタルサーバーの契約

[/jin-iconbox12]
この二つが必要です。

順番に説明していきます。

ドメインの取得

プログラミングを勉強してwebサービスを作るには?

Webサービスを公開するために一番最初にやるべきことは、「ドメインの取得」です。

ドメインは、web上の住所のようなもので、例えば私のブログのドメインは「nokt1220.com」です。

試しに、「nokt1220.com」でGoogle検索してみてください。

私のブログのトップページが表示されるはずです。

このように、ドメインとはこの世に一つしかないものです。なので、すでに存在しているドメイン名は使うことができません。

例えば、私のブログのドメイン「nokt1220.com」と全く同じものを新しく作ることはできません。

とはいえ、ドメインは二つの文字列の組み合わせでできているので、組み合わせは無限にあります。
[jin-iconbox12]

  • nokt1220 → 自分で決める部分
  • .com → あらかじめ決められた文字列(com、jpなど)から選ぶ部分

[/jin-iconbox12]

特にこだわりがないなら、「.com」か「.jp」を選ぼう

.com、.jp以外にも、選べるものはいろいろありますが、
[jin-iconbox12]

  • .net
  • .biz
  • .info
  • .work

[/jin-iconbox12]
とはいえ、どれを選んでも大きな差はありません。

不安な人は、.comや.jpは日本で結構使われているので、これらを選んでおくのが無難かなと思います。
[jin-iconbox12]

[/jin-iconbox12]

レンタルサーバーの契約

ドメインの次にやるべきことは、「レンタルサーバーの契約」です。

ドメインとレンタルサーバー、この二つが揃うことで、Webサービスを世の中に公開できます。

おすすめのレンタルサーバーは二つあって、
[jin-iconbox12]

[/jin-iconbox12]
この二つです。

プログラミングを勉強してwebサービスを作るには?

プログラミングを勉強してwebサービスを作るには?

どちらも「安い・早い・安全」と三拍子揃った最強サーバーです。とりあえず公式サイトを訪問してみて、良さそうな方を選びましょう。

ドメインとサーバーの紐付け

Webサービスを公開するには、「ドメインとサーバーの紐付け」という作業が必要になります。

この作業も、サーバーによってやり方が少し違うので、
[jin-iconbox12]

  • 「エックスサーバー ドメイン 紐付け」でGoogle検索
  • 「ミックスホスト ドメイン 紐付け」でGoogle検索

[/jin-iconbox12]
これですぐにわかります。

以上で、Webサービスを開発して公開するところまでを解説しました。

WordPressを使えば、誰でも比較的簡単にWebサービスを作れるので、この機会に一度作ってみることをおすすめします。

このような経験は、「自分でもサービスを作れるんだ」という自信に繋がると思いますよ。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です