スマホでプログラミングを学ぶ方法とは【アプリ紹介】

こんにちは、マルユメ@ブロガーです。

本記事では、

[chat face=”chara1.png” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]スマホでプログラミングを学びたいけど、方法がわからない![/chat]

[chat face=”chara2.png” align=”left” border=”red” bg=”red” style=”maru”]スマホでプログラミングを学ぶおすすめの方法が知りたい![/chat]

このような人に向けて下記の内容を解説します。

[box03 title=”目次【記事の内容】”]

  1. スマホでプログラミングを学ぶ方法とは
  2. 自分に合ったコンテンツを使うべき

[/box03]

実際にプログラミングを独学で1年以上勉強してきた経験をもとに、スマホでプログラミングを学ぶ方法を解説します。

この記事を読めば、スマホでプログラミングを学ぶ方法がわかり、通勤中などのスキマ時間を使って効率的に勉強できるようになります。

1. スマホでプログラミングを学ぶ方法とは

スマホでプログラミングを学ぶ方法とは【アプリ紹介】

スマホでプログラミングを学ぶ方法は、以下の通りです。
[jin-iconbox12]

  • コードを書きながら勉強する
  • 動画を見ながら勉強する
  • 電子書籍を購入して勉強する
  • webサイトを見て勉強する

[/jin-iconbox12]
詳しく見ていきます。

コードを書きながら勉強する

コードを書きながら勉強できるサービスは、以下の通りです。
[jin-iconbox12]

[/jin-iconbox12]
CodePenとpaiza.ioは、web上でコードを実行できるサービスです。

スマホからサイトにアクセスしてコードを打ち込むと、そのコードを実行して結果を確認できます。

このサイトを使えば、いつでもコードを実行して結果を確認できるようになります。

Progateは、AppストアかGooglePlayストアからダウンロードできます。

Progate -楽しく学べるプログラミング学習アプリ

Progate -楽しく学べるプログラミング学習アプリ

Progate無料posted withアプリーチ

動画を見ながら勉強する

動画を見ながら勉強できるサービスは、以下の通りです。
[jin-iconbox12]

[/jin-iconbox12]
YouTube以外の三つは、あまり目立った差はないです。

どれもクオリティーが高く、コンテンツも充実していて使いやすいという感じ。

YouTubeに関しては、ホリエモンがプログラミングを語っている動画とか、結構役に立つものが転がっていたりするので、たまにチェックしてみるのもアリです。

Udemy:ビデオで授業が受けられる学習アプリ

Udemy:ビデオで授業が受けられる学習アプリ

Udemy無料posted withアプリーチ

Schoo(スクー) - ライブ動画で学べるアプリ

Schoo(スクー) – ライブ動画で学べるアプリ

SCHOO INC.無料posted withアプリーチ

電子書籍を購入する

プログラミングに関する本を電子書籍として買えば、普通にスマホで勉強できます。

オススメの方法は、「AmazonでKindle版を購入し、Kindleアプリで読む」です。

ちなみに、プログラミングの入門書にはサンプルコードが付いていると思いますが、電子書籍だけだとコードを実行できないですよね。

この場合、スマホでCodePenやpaiza.ioにアクセスしてサンプルコードをそのまま打ち込めば、実行結果を確認しながら勉強を進められるようになりますよ。

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

webサイトを見て勉強する

例えば、JavaScriptの勉強がしたいなら、Googleで「JavaScript」と検索すれば色々と出てくるので、あとは必要な情報を探すだけです。

細かい情報が欲しい時やすぐに情報が欲しい時なんかは、サイトを見た方が多分早いです。

2. 自分に合ったコンテンツを使うべき

スマホでプログラミングを学ぶ方法とは【アプリ紹介】

スマホでプログラミングを学ぶ方法を色々と紹介してきましたが、あまり形式にとらわれず、自分に合ったコンテンツを使うべき。

もちろん、効率的かどうかなど多少の違いはありますが、それよりも「知識や技術が定着しているか」の方が重要です。

動画が好きだからといって、ただ聞き流しているだけでは意味ないですからね。

動画を1時間聞き流すくらいなら、その1時間で本を10ページ読んだ方が身につくはず。

プログラミングを学ぶ目的を考える

とはいえ、これだけ色々あるとなかなか決めにくいのも事実です。

そういう場合は、プログラミングを学ぶ目的を考えてみると、決めやすくなります。

例えば、以下のような感じです。
[jin-iconbox12]

  • プログラミング言語を習得したい
  • ツールの使い方を学びたい

[/jin-iconbox12]
プログラミング言語を習得したいなら、コードを書きながら勉強できるProgateあたりを選ぶべきだし、ツールの使い方を学びたいなら、動画を使った方が圧倒的にわかりやすいです。

こんな風に、目的を明確にしてあげればどれを使うべきか見えてくるはずです。

コンテンツ選びのポイント【3つ】

「目的を明確にする」以外にも、コンテンツ選びのポイントは三つあります。
[jin-iconbox12]

  • 学びたい言語を決める
  • 作りたいものを決める
  • どんな風に勉強したいか決める

[/jin-iconbox12]

学びたい言語を決める

ここが決まれば、選ぶべきコンテンツはだいぶ絞られます。

要は、その言語を勉強できるコンテンツだけを拾っていけばいいので、コンテンツ選びはだいぶ楽になります。

これから勉強するなら、web系の言語がオススメです。

というのは、Progateやドットインストールなど、web系のコンテンツが充実しているサービスが多いからです。中には無料のコンテンツもあるので、手を出しやすい。

web系の言語とは、以下のようなものです。
[jin-iconbox12]

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • Ruby
  • Python

[/jin-iconbox12]
学びたい言語が決まっていない方は、こちらの記事をどうぞ。

https://nokt1220.com/programming-language-recommend

作りたいものを決める

例えば、
[jin-iconbox12]

  • アプリを作りたい
  • ゲームを作りたい
  • webサービスを作りたい
  • webサイトを作りたい

[/jin-iconbox12]
こんな風に何か作りたいものを決めてしまえば、あとは簡単です。

アプリを作りたいなら、アプリ開発に関するコンテンツを拾っていくだけです。

このように考えれば、簡単に決まります。

作りたいものがないという方は、こちらの記事をどうぞ。

https://nokt1220.com/programming-no-create

どんな風に勉強したいか決める

例えば、
[jin-iconbox12]

  • アプリで勉強したい
  • 動画で勉強したい
  • 電子書籍で勉強したい

[/jin-iconbox12]
このように色々あると思うので、一番良さそうなのを決めたら、とりあえずやってみるべき。

合わなかったら別の方法を試してみればオーケーです。

というわけで、今回のまとめとしては、
[jin-iconbox12]

  • スマホでプログラミングをする方法は、結構ある
  • 自分に合ったコンテンツを使うべき

[/jin-iconbox12]
でした。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です