プログラミングスクールに通う意味は、「環境の構築」です

こんにちは、マルユメ@ブロガーです。

本記事では、

[chat face=”chara1.png” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]プログラミングスクールに通う意味がわからない![/chat]

[chat face=”chara2.png” align=”left” border=”red” bg=”red” style=”maru”]プログラミングスクールに通う意味が知りたい![/chat]

[chat face=”chara3.png” align=”left” border=”blue” bg=”blue” style=”maru”]オススメのプログラミングスクールが知りたい![/chat]

このような人に向けて下記の内容を解説します。

[box03 title=”目次【記事の内容】”]

  1. プログラミングスクールに通う意味は、「環境の構築」です

[/box03]

実際にプログラミングを独学で1年以上勉強してきた経験をもとに、プログラミングスクールに通う意味は、環境の構築であることを解説します。

この記事を読めば、プログラミングスクールに通う意味がわかります。

1. プログラミングスクールに通う意味は、「環境の構築」です

プログラミングスクールに通う意味は、「環境の構築」です

上記の通りで、プログラミングスクールに通う意味は、環境の構築です。

理由としては、「プログラミングスクールに通うことで、プログラミングを勉強するための環境が整う」からです。

ただ、「環境」には二つの種類があって、
[jin-iconbox12]

  1. 物理的な環境
  2. パソコン内部の環境

[/jin-iconbox12]
この二つです。

順番に説明していきます。

物理的な環境が整う

プログラミングに限らず、なにかを身につけようという時には、「物理的な環境」はかなり重要になってきます。

よく、

YouTube見てたら一日が経過した

このような経験をしたことがある人は多いと思います。

ただ、こういうことをしてしまった日ってなぜか罪悪感を感じたりして落ち込みませんか?

精神衛生的にも、できればこのようなことは事前に防ぎたいですよね。

これは、「周りの環境」を変えることで改善する可能性があります。

例えば、以下の二つの環境があった時、どちらの方が集中できると思いますか?
[jin-iconbox12]

  • 自分の部屋 → 漫画、ゲーム、ベッドなど、娯楽が沢山ある
  • プログラミングスクールの自習室 → プログラミングの勉強以外することがない

[/jin-iconbox12]
この場合、後者の方が集中できるという人の方が多いはずです。

理由としては、集中を阻害するような誘惑がほとんどないから。

前者だと、やろうと思えば漫画も読めるしゲームもできる、疲れたら寝ることもできてしまうので、このような誘惑が集中を阻害する可能性は大いにあります。

それなら、プログラミングスクールの自習室に通った方が圧倒的にスキルの向上に繋がるはず。

このように、「プログラミングの勉強以外のことができない」という環境を自ら作り出すことは、かなり大事です。

自分の部屋を集中できる環境に変えるには

自分の部屋を集中できる環境に変えるには、
[jin-iconbox12]

  • 自室の誘惑になるものを排除する
  • オンラインプログラミングスクールを受講する

[/jin-iconbox12]
この二つを実行することが重要です。

特に、通学したくない、自分の家で受講したいという人にはうってつけの方法です。

自室の誘惑になるものを排除する

これは言葉の通りで、とにかく集中を妨げるようなものを部屋から排除するだけです。

例えば、
[jin-iconbox12]

  • 漫画、小説、ラノベ → 電子書籍に置き換える

[/jin-iconbox12]
漫画やラノベなどの本は電子書籍に置き換えられるので、そこまで難しいことではないはず。

オンラインプログラミングスクールを受講する

プログラミングスクールといっても、受講の仕方は二種類あって、
[jin-iconbox12]

  • スクールに通う
  • オンラインで受講する

[/jin-iconbox12]
後者の「オンラインで受講する」を選択すると、パソコンがネットに繋がっていれば自宅でも受講できます。

というわけで、自分の部屋にプログラミング学習環境を構築したいなら、

自室の誘惑を排除する+オンラインプログラミングスクールを受講する

この二つを行うだけでオーケーです。

こうすれば、わざわざスクールに通わなくても自分の部屋でプログラミングの勉強を集中して行うことができます。

パソコン内部の環境が整う

プログラミングをやってみたいけど、パソコン内の環境を整えられないという理由で悩んでいる人は結構多いと思います。

そのような人は、とりあえずプログラミングスクールを受講してみるのが良いかなと思います。

というのも、プログラミングスクールでは実際にパソコンを動かしながら学習を進めるので、そういうことは自然と覚えられます。

プログラミングスキルだけでなく、パソコンの扱い方、ツールの使い方など、プログラミングを学習する中で自然と覚えていくはず。

こんな感じで、「とりあえずプログラミングスクールを受講してみる」というのは、全然アリです。

わからないから諦めるのは、もったいない

わからないから諦めるというのは、正直勿体無いです。挑戦したいと本気で思っているのなら、迷わず挑戦すべき。

それに、わからなければ人に聞けばいいだけです。みんな最初は知らないんだから、堂々と聞けばいいと思いますよ。

というわけで、今回のまとめとしては、
[jin-iconbox12]

  • プログラミングスクールに通う意味は、「環境の構築」である
  • 勉強するときには、物理的な環境はかなり重要である
  • パソコンに慣れていないなら、とりあえずスクールに通ってみるのはアリ

[/jin-iconbox12]
でした。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です