【解説】プログラミングスクールの選び方は、シンプルです

こんにちは、マルユメ@ブロガーです。

本記事では、

[chat face=”chara1.png” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]プログラミングスクールの選び方がわからない![/chat]

このような人に向けて下記の内容を解説します。

[box03 title=”目次【記事の内容】”]

  1. プログラミングスクールの選び方は、シンプルです

[/box03]

実際にプログラミングを独学で1年以上勉強してきた経験をもとに、プログラミングスクールのシンプルな選び方を解説します。

この記事を読めば、プログラミングスクールの選び方がわかり、自分に合ったスクールを選べるようになります。

1. プログラミングスクールの選び方は、シンプルです

【解説】プログラミングスクールの選び方は、シンプルです

プログラミングスクールの選び方はシンプルで、
[jin-iconbox12]

  • 通学か、オンラインかを決める
  • 目的をはっきりさせる

[/jin-iconbox12]
これだけです。

簡単に説明すると、

まずは通学かオンラインかを決めて絞り込む→その後残ったものの中から自分の目的に合ったスクールを探す

という感じ。

詳しく説明していきます。

通学か、オンラインかを決める

プログラミングスクールを決める前に、まずは通学するのか、オンラインで受けるのかを決めるべき。

ここが決まれば、選択肢はかなり絞られるはず。

さらに言えば、ここで選択を間違えると「思っていたのとなんか違う」みたいになりかねないので、慎重に決めた方が後々後悔しなくて済みます。

とはいえ、どちらか決めるにはまず自分がどっちに向いているかを知ることが必要です。

というわけで、ここからは通学とオンラインそれぞれの特徴を簡単に説明していきます。

通学の特徴

通学の特徴は、以下の通りです。
[jin-iconbox12]

  • 人と直接コミュニケーションが取れる
  • 仲間ができる
  • 家から移動する必要がある

[/jin-iconbox12]

人と直接コミュニケーションが取れる

通学における最大のメリットは、人と直接コミュニケーションが取れることです。

言ってしまえば、通学とオンラインの違いなんて、人と直接会うか会わないか、それだけです。

細かい違いはありますが、どちらも「プログラミングを学ぶ」という目的は同じはずなので、どちらを選んでも結局やることは変わりません。

もちろん、オンラインでも友達と一緒に勉強すれば直接コミュニケーションは取れますが、それができる人はなかなかいないはず。

大学生だったら可能かもしれませんが、働いている人がこういうことをするのはなかなか難しいと思います。

ポイントとしては、人と直接コミュニケーションを取ることで、自分のモチベーションが高まるかどうかを考えることです。

相手に直接質問したり、面と向かって話す方が好きだという人は、通学の方が向いているかもしれません。

コミュニケーションを重視したいなら、コミュニケーションを大事にしているスクールを選ぶべき。
[jin-iconbox12]

[/jin-iconbox12]
TechBoostなら、人とのつながりを大事にしながら勉強できます。

[box06 title=”説明会はこちら”]Tech Boostの無料説明会に申し込む
[/box06]

仲間ができる

おそらく、スクールで出会う人たちは「プログラミングを学ぶ」という目的を共有しているはずなので、通学すれば同じ目的を持った人たちと出会うことができます。

普通に生活していても、こういう「人と出会える」機会ってなかなかないと思います。

さらに言えば、同じ目的を持った人たちと知り合えるというのは、かなり貴重なことです。出会おうと思っても、なかなか出会えない。

そのため、共通の目的を持った友人を作りたいという人は、通学の方が向いています。

家から移動する必要がある

一つ面倒な点を挙げるとすれば、それは「移動」です。

当たり前ですが、通学を選ぶとスクールまで移動する必要が出てきます。

そして、移動というのは自分が思っている以上に体力を消耗していて、特に満員電車なんかは乗るだけでもストレスの原因になったりします。

そのため、できればこういうところでエネルギーを使うべきではないのですが、

それでも
[jin-iconbox12]

  • 移動するのが好き
  • 電車やバスに乗るのは苦ではない
  • 電車の中で勉強するのが好き

[/jin-iconbox12]
という人は通学に向いているといえます。

通学に向いている人

以上のことをまとめると、通学に向いている人は、
[jin-iconbox12]

  • 人とのコミュニケーションを大事にしたい
  • 同じ目的を持った友人を作りたい
  • スクールまで移動することは苦ではない

[/jin-iconbox12]
このような考えを持っている人になります。

逆に、これに当てはまらない人はオンラインを選ぶべき。逆算して考えましょう。

オンラインの特徴

オンラインスクールの特徴は、以下の通りです。
[jin-iconbox12]

  • 自分の好きな場所で勉強できる
  • 通学しなくていい

[/jin-iconbox12]

自分の好きな場所で勉強できる

ここがオンラインスクール最大の特徴で、同時に最大のメリットでもあります。

注目すべき点は、場所を変えることができるというところ。飽きたら別の場所に自由に移れます。
[jin-iconbox12]

  • 自宅
  • ファミレス
  • カフェ
  • 図書館

[/jin-iconbox12]
こんな感じで、場所にとらわれず自由に勉強したい人は、オンライン向きです。

通学しなくていい

オンラインなので、通学の必要がないです。

通学と比べて、
[jin-iconbox12]

  • より多くの時間を勉強に回せる
  • 交通費を節約できる

[/jin-iconbox12]
こういうメリットがあります。

1日単位で見れば小さな数字ですが、スクールの受講期間は1ヶ月以上の場合が多いので、ここを考慮して計算した方がいいです。

例えばスクールの受講期間が3ヶ月で、1日の交通費が1000円、往復で1時間かかるとすると、
[jin-iconbox12]

  • 1時間 × 90日 = 90時間
  • 1000円 × 90日 = 9万円

[/jin-iconbox12]
こんな感じになります。

もちろんこれは90日間ぶっ続けで通った場合の数字なので、最大値としてとらえてもらえればオーケーです。

オンラインに向いている人

以上のことをまとめると、オンラインに向いている人は、
[jin-iconbox12]

  • 好きな場所で勉強したい
  • 通学したくない

[/jin-iconbox12]
これに当てはまる人はオンラインが向いています。

目的をはっきりさせる

スクールを選ぶ前に、何のためにスクールに通うのかを明確にすべき。

スクールによって勉強できる分野が違うので、目的がはっきりしていればそれだけ選びやすくなります。

例えば、
[jin-iconbox12]

  • webサービスを作りたい
  • アプリを作りたい
  • ゲームを作りたい
  • プログラミング言語を習得したい
  • パソコンを使いこなしたい
  • ツールの使い方を学びたい

[/jin-iconbox12]
このように人それぞれいろんな目的があるはずなので、何が目的でプログラミングスクールに通うのかを考えることが大事です。

自分に合うスクールを探す

ここまでくれば、選ぶべきスクールが見えてくるはず。

例えば、

オンラインで受講できて、かつwebサービス開発の勉強ができるスクール

こんな感じで条件が決まるはずなので、あとはスクールを探すだけです。

試しに上の条件でスクールを選んでみると、以下のスクールが当てはまります。
[jin-iconbox12]

[/jin-iconbox12]
CodeCampは、オンライン完結型でかつweb関連の勉強ができるスクールなので、条件とバッチリあっています。

[box06 title=”無料体験はこちら”]
現役エンジニアのオンライン家庭教師【CodeCamp】の無料体験はこちら
[/box06]

もちろん、上で紹介したのはあくまで例なので、実際にスクールを選ぶときは自分で考えた条件に基づいて選んでみてください。

きっと自分にぴったりのスクールが見つかると思いますよ。

最後に

「もはやスクールを選ぶのもめんどくさい」という人は、以下の記事でおすすめのスクールを紹介しているので、よろしければどうぞ。

https://nokt1220.com/programming-school

というわけで、今回のまとめとしては、
[jin-iconbox12]

  • 通学かオンラインかを決めろ
  • 目的をはっきりさせろ

[/jin-iconbox12]
でした。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です