【プログラミング】作りたいものがない・・・と思ってしまう原因とは?

こんにちは、マルユメ@ブロガーです。

本記事では、

[chat face=”chara1.png” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]プログラミングを学んだけど、作りたいものがない![/chat]

このような人に向けて下記の内容を解説します。

[box03 title=”目次【記事の内容】”]

  1. 作りたいものがない・・・と思ってしまう原因とは?

[/box03]

実際にプログラミングを独学で1年以上勉強してきた経験をもとに、作りたいものがないと思ってしまう原因とその解決策を解説します。

この記事を読めば、プログラミングを勉強しているけど、作りたいものがないと思ってしまう原因がわかり、具体的に何をすればいいのかがわかるようになります。

1. 作りたいものがない・・・と思ってしまう原因とは?

【プログラミング】作りたいものがない・・・と思ってしまう原因とは?

「プログラミングを勉強したが、作りたいものがない・・・何を作ればいいのか・・・」

わかります。すごくわかります。

というのも、私がプログラミングを始めたきっかけは、小学生の頃からのゲーム漬けの日々の影響で「面白いゲームが作りたい!」と思ったのがきっかけですが、そこから

「よし プログラミングも勉強したし、そろそろゲームでも作るか・・・」
→「え?ゲーム作るのってこんな大変なの?」
→「これは無理だわ」
→「じゃあゲームじゃなくてアプリにするか・・・」
→「え?アプリ作るのってこんな大変なの?」
→「これは無理だわ」
→(無限ループ)
→「いや、もう作れるものないじゃんorz」

という感じでした。

まあ、上記を見てわかる通り僕の場合は作りたいものがないというより、作れるものがないという状態でした。

そして当時の私は、「作りたいものを決める」ということを一番最初に持ってきていたのですが、そもそもこれが間違いだったなと思っています。

この経験から、作りたいものがないと思ってしまう原因は、「作りたいものがないのに、無理やり作りたいものを決めようとしている」ことが原因かなと考えました。

そこで、ここではあえて「作りたいものがないなら、無理に決めなくてもいい」ということを推奨したいと思います。

目的を「作る」から「稼ぐ」に変える

で、ここからが提案ですが、作りたいものを先に決めるのではなく、「プログラミングでお金を稼ぐ」という目的を最初に持ってきて、そのあとで「プログラミングで稼ぐには何を作ればいいか?」を考えるのはどうでしょう、というものです。

このように考えれば、もはや作りたいものがないという悩みはなくなると思いませんか?

なぜなら、プログラミングで稼ぐ方法は多岐に渡るからです。

ゲーム、アプリ、Webサイトなど、収入を得る方法はいろいろあります。

「お金を稼ぐ」という目的を最初に持ってくれば、選択肢は大幅に広がると思います。

ちなみに、私の場合は現在このブログでプログラミング関連の知識を発信することで広告収入を得ています。

これは、「プログラミングで稼ぐという目的を持ち、自分に合った稼ぎ方は何か」ということを考えた結果、「ゲーム作るより、ブログの方があってるかも?」と思ったからです。

お金を稼ぐという目的を持たずに、純粋に作ることを楽しむという選択肢もありますが、楽しみつつお金も入ってきたら、一石二鳥じゃないですか?

とはいっても、自分で作ってさらにお金も稼ぐというのは、やっぱり難易度が高いですよね。

そもそも作ること自体に時間がかかるし、収益化についても全て自分でやらなければいけないし、そもそも稼げるかどうかもわからないです。

そのような場合は、フリーランスという選択肢があります。

フリーランスの良いところは、報酬があらかじめ決まっていて、仕事をきちんとこなせば確実に報酬を得られる点です。

やはり自分で稼ごうとするとある程度の期間は必要なので、「作りたいものはないけど、稼ぎたい」という人にはフリーランスがあっているかもしれません。

いろいろなものに手を出してみる

作りたいものが見つからないなら、まずはいろいろなことに手を出してみることです。

例えば「ゲーム開発」と一言で言っても、やり方はいろいろあって、Unityで作るのか、UnrealEngineで作るのか、Xcodeで作るのかというように、ゲームエンジンが違うだけでもゲーム開発というものが違うもののように見えて、面白いんじゃないかなと思います。

私も最初はゲームを作るためにプログラミングを勉強して、ゲームプログラミングの技術書を10冊以上買いましたが、その後ブログを始めてみたら思いのほか面白くて、今は全くゲームは作らずにブログの更新に時間を使っています。

正直、ゲーム作りのために買った技術書は今ほとんど読んでいません。それでも、買わなきゃよかったとかは思っていません。

実際、5万円くらいかかっていると思いますが、それでも今こうしてブログに出会うことができたのは、ゲームを作る経験があったからだと思っています。

もし、今熱中していることよりももっと面白いことに出会ったのなら、迷わずそっちに移っていいと思います。

大切なのは「今」を生きること。今面白いと思うことを全力でやりましょう。

「お金のために」は悪いことじゃない

どうも日本では、「お金を稼ぐ=悪いこと」みたいな風潮がありますが、これってかなりおかしな話だと思います。

というのは、これからITが発展していけば、世の中の仕事はどんどん減っていきますよね。それと同時に、企業に勤めるということがどんどんリスクになっていきます。

つまり、会社に勤めていても、いつ仕事がなくなるかわからない状況になっていくわけです。

それに、企業で働いても、それは企業のために働いているのであって、自分のために働いているわけではないですよね。

もちろん、会社で働くことでなんらかのスキルや技術を得る、というような目的があるなら自分のためになると思いますが、目的もなくただ働いているだけであれば、その見返りはお金だけなので、その働きは企業に還元されてしまいます。

こんな中で私たちにできることは、やはり「自分で稼ぐ」ことです。というより、これをしなければどんどん稼げなくなる時代になると思います。

そのため、お金を稼ぐことは悪いというような思考は今すぐ捨てた方がいいです。そして、「自分で稼ぐ」ために行動しましょう。

やり方はいろいろあります。ブログ、ゲーム開発、アプリ開発、webサイト、などなど。

もちろん、IT系でなくてもいいと思います。是非この機会に自分の稼ぎ方について考えてみてください。

もはや別の話になってしまいましたが、今回は以上です。ありがとうございました。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です