ゲームを作りながらプログラミングを学習する方法【簡単】

こんにちは、マルユメ@ブロガーです。

本記事では、

[chat face=”chara1.png” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]ゲームを作りながらプログラミングを学習する方法が知りたい![/chat]

[chat face=”chara2.png” align=”left” border=”red” bg=”red” style=”maru”]プログラミングを勉強してゲームを作る方法が知りたい![/chat]

[chat face=”chara3.png” align=”left” border=”blue” bg=”blue” style=”maru”]ゲームを作りながら楽しくプログラミングを学びたい![/chat]

このような人に向けて下記の内容を解説します。

[box03 title=”目次【記事の内容】”]

  1. ゲームを作りながらプログラミングを学習する方法【簡単】

[/box03]

実際にプログラミングを独学で1年以上勉強してきた経験をもとに、ゲームを作りながらプログラミングを学習する方法を解説します。

この記事を読めば、ゲームを作りながら楽しくプログラミングを勉強する方法が分かり、ゲーム開発とプログラミングを同時に学べるようになります。

1. ゲームを作りながらプログラミングを学習する方法

ゲームを作りながらプログラミングを学習する方法【簡単】
方法は、以下の通りです。
[jin-iconbox12]

  • サンプルゲーム付きの書籍を買う
  • Unity、Unreal Engineを使う

[/jin-iconbox12]
詳しく説明していきます。

サンプルゲーム付きの書籍(電子書籍)を買う

プログラミングとゲーム開発を同時に学びたいなら、この方法が一番おすすめです。

理由は二つあり、

[jin-iconbox12]

  • サンプルコードをネットからダウンロードできる
  • コードは全て本に載っているので、書き写すだけでゲームが作れる

[/jin-iconbox12]
こんな感じ。

サンプルコードをネットからダウンロードできる

のちに紹介する書籍は、すべてサンプルコードをネットからダウンロードできます。

言い換えると、完成されたゲームのコードが、丸々手に入るということになります。

ここがかなり重要なところで、ゲームのコードが手元にあることによって、いくらでも改良や複製ができるわけです。

中には、ネットでサンプルコードを配布していない書籍もありますが、こういう本を買ってしまうと、「開発する前にゲームの動作を確認したい」といった場合に、全て自分でコードを書き写さないといけないので、かなり面倒です。

それなら、手元にサンプルコードがあり、実際にゲームの動作を確認しながら開発できるほうがいいと思いませんか?

コードは全て本に載っているので、書き写すだけでゲームが作れる

サンプルゲームのソースコードは、すべて書籍に解説付きで載っているので、ぶっちゃけそれをパソコンに打ち込むだけでゲームが作れます。

プログラミングを始めたばかりだと、書いてあるコードを理解するのはなかなか難しいと思いますが、そういう時こそとりあえずコードを書きまくるという作業が重要になってきます。

最初はしんどいですが、回数をこなしていくうちに、だんだん理解できるようになってくるので、この機会にぜひ挑戦してみてください。

話がそれましたが、とにかくコードを書き写すだけでゲームが作れる点は、プログラミングスキルとゲーム開発スキルの上達には欠かせないものであることを理解していただきたいです。

初めて挑戦するなら、言語はJavaScriptがおすすめです

ゲーム開発&プログラミングに初挑戦するなら、JavaScriptで開発することをオススメします。

理由は三つあり、

[jin-iconbox12]

  • 面倒な環境構築が必要ないので、とっつきやすい
  • 自分で一から開発する経験を積める
  • プログラミングの基礎を勉強できる

[/jin-iconbox12]
こんな感じ。

面倒な環境構築が必要ないので、とっつきやすい

JavaScriptでのゲーム開発に必要なツールは、エディタとブラウザのみなので、本当にすぐに始められます。

実は、環境を構築できないことで挫折してしまう人もいるので、とっつきやすさというのは結構大事だったりします。

その点、JavaScriptであれば、「エディタでコードを編集 → ブラウザで結果を確認」の繰り返しなので、他の言語と比べると楽であることは確かです。

自分で一から開発する経験を積める

のちに紹介する書籍を使えば、ゲーム開発を一から行うことができるので、自分で一からゲームを開発する経験ができます。

プログラミングを初めて間もない状態で、自分で一から開発するのは、正直かなりしんどいです。

というのは、まだみたこともない新しいコードがどんどん出てくるので、全然理解できないという状態が続く可能性が高いからです。

ですが、一度経験すれば、プログラミングの捉え方が変わり、プログラミングがどういうものかということを理解できるはずです。

実は、ここがプログラミングの面白さだったりするので、一度でいいので、やってみて欲しいと思います。

プログラミングの基礎を勉強できる

ゲームを作る際には、ループなどのプログラミングの基礎的な構文がたくさん出てきます。

ので、コードを書いているうちに、そういった基礎的な部分も同時に勉強できると思います。

ここで身につけた基礎知識は、他の言語を学ぶときなどにも必ず役立つはずなので、どんどんコードを書いて、理解を深めていって欲しいと思います。

ゲームを作りながらプログラミングを学習できるオススメ本【4選】

お待たせしました。ようやく、書籍紹介です。

ここでは、実際に私が買ってみてよかったなと思った4冊を紹介しようと思います。

もちろん、全て読んだ上で紹介しているので、信頼性は高いかなと思います。

ただし、サンプルコードの量はめちゃくちゃ多いので、そこは覚悟してください(・ω・)

その代わり、プログラミングスキルとゲーム開発スキルはかなり身につくと思います。

1冊目:ゲームで学ぶ「JavaScript入門」

こちらは、HTML、CSS、JavaScriptを使って様々な2Dゲームを作っていくという内容になっています。

収録されているゲームは、ビリヤード、リバーシ、神経衰弱など、11個のゲームが掲載されています。

最終的には、以下のようなゲームを作れるようになります。

プログラミングを独学してゲームを作る方法

プログラミングを独学してゲームを作る方法

ちなみに、サンプルコードは、以下のリンクからダウンロードできます。

[box06 title=”リンク”]サンプルコードのダウンロードページ[/box06]

また、この本で作れるゲームについて、より詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ。

https://nokt1220.com/programming-learn-game/

2冊目:JavaScriptゲームプログラミング

こちらは、HTMLとJavaScriptを使って、様々な3Dゲームを作っていく内容になっています。

収録されているゲームは、3Dブロック崩し、3D迷路ゲーム、3DPegゲームなど、5つの3Dゲームが掲載されています。

3Dゲームを、HTMLとJavaScriptだけで実装していくので、慣れるまでは結構きついかなという印象があります。なので、一つ目の書籍よりも難易度は高いと思います。

最終的には、以下のようなゲームを作れるようになります。

プログラミングを独学してゲームを作る方法

プログラミングを独学してゲームを作る方法

サンプルコードは、以下のリンクからダウンロードできます。

[box06 title=”リンク”]
サンプルコードのダウンロードページ
[/box06]

また、この書籍で作れるゲームについてより深く知りたい人は、以下の記事をどうぞ。

https://nokt1220.com/programming-learn-game/

3冊目:ゲームプログラミングC++

こちらは、WindowsではVisualStudioCommunity、MacOSではXcodeを使ってゲーム開発を行っていきます。

ソースコードは、以下のリンクからダウンロードできます。

[box06 title=”リンク”]
ソースコードのダウンロードページ
[/box06]

4冊目:初めてのThree.js

こちらは、3Dモデルを簡単に作成できるJavaScriptライブラリであるThree.jsを使って、様々な3Dモデルを作成していきます。

ゲーム自体を作っていくわけではありませんが、3Dのフィールドなどを手軽に作ってみたい人にはおすすめの一冊です。

また、作ったフィールドにカメラを設置すれば、フィールド内を歩き回ることもできるようになると思います。

この書籍で作れるものは、以下のような感じです。

ゲームを作りながらプログラミングを学習する方法【簡単】

サンプルコードは、以下のリンクからダウンロードできます。

[box06 title=”リンク”]
サンプルコードのダウンロードページ
[/box06]

Unity、Unreal Engineを使う

本格的なゲームを作りつつ、プログラミングを学びたい人は、Unity、UnrealEngineを使いましょう。

Unity、UnrealEngineを使うことで、本格的なゲームを作りつつ、プログラミングを学ぶことができます。

というわけで、今回のまとめとしては、

[jin-iconbox12]

  • ゲームを作りながらプログラミングを勉強したいなら、サンプルゲーム付きの書籍を購入せよ

[/jin-iconbox12]

でした。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です