プログラミングをしていて疲れる時の対処法【3つあります】

こんにちは、マルユメ@ブロガーです。

本記事では、

[chat face=”chara1.png” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]プログラミングをしていて疲れるときの対処法が知りたい![/chat]

[chat face=”chara2.png” align=”left” border=”red” bg=”red” style=”maru”]プログラミングを長時間やっても疲れない方法が知りたい![/chat]

このような人に向けて下記の内容を解説します。

[box03 title=”目次【記事の内容】”]

  1. プログラミングをしていて疲れる時の対処法

[/box03]

実際にプログラミングを独学で1年以上勉強してきた経験をもとに、プログラミングをしていて疲れる時の対処法を解説します。

この記事を読めば、プログラミングをするときの疲れを軽減する方法がわかり、長時間プログラミングをしても疲れづらくなります。

1. プログラミングをしていて疲れる時の対処法

プログラミングをしていて疲れる時の対処法【3つあります】
対処法は、以下の通りです。
[jin-iconbox12]

  • 疲れない椅子を買う
  • ツールの設定を見直す
  • 無駄な行動をなくす
  • めんどくさいことは、自動化できないか考える
  • どうでもいいことは考えないようにする

[/jin-iconbox12]
詳しく説明していきます。

疲れない椅子を買う

プログラミングの学習において、椅子の存在はかなり重要です。

その理由は簡単で、長時間パソコンをいじるから。

長時間パソコンをいじりまくっていると、いろいろと悪い影響が出てきます。例えば、
[jin-iconbox12]

  • 目が悪くなる
  • 姿勢が悪くなる(猫背) → 臓器が圧迫されて、血の巡りが悪くなる
  • 普通に疲れる

[/jin-iconbox12]
特に、姿勢の悪い状態を長時間続けるのは、かなり体に悪いです。

なので、こういうことはできれば防ぎたいですよね。

そういう意味でも、パソコンをいじるのに適した椅子を使うことは、結構大事です。

エンジニアにとって、椅子は商売道具です

これは私の意見ですが、パソコンで仕事をしている人にとって、椅子は商売道具といっても過言ではないと思うんですよね。

椅子に座るか座らないか、またどんな椅子に座るかによって、体への影響は大きく変わってくるし、それが長期に渡れば渡るほど大きな差が生まれてきます。

であれば、なるべく体への負担を減らしてくれる椅子を使い続けた方が、生産性は上がるはず。

長期的に考えれば、多少高くても疲れない椅子を買う事は大きな投資になると思いますよ。

成功者は、自己投資を惜しまない

成功する人って、商売道具などの出費に対して、だいたいケチらないですよね。

例えばヒカキンさんですが、彼にとっての商売道具は「パソコン」や「自宅」とかだと思いますが、動画を見ていると、かなりお金をかけていることがわかります。

座椅子という選択肢もある

普通の椅子でなくても、座椅子という選択肢もあります。

特に冬なんかは寒いですからね。

コタツと座椅子を使えば、冬でも快適にプログラミングができますよ。そして、疲れたらそのまま寝ちゃえばオッケイ。

同じコードは何度も書かない

プログラミングをしているとき、同じコードを何回も書いていませんか?

あれって、かなりめんどくさいですよね。

それに、疲れる&やる気も下がるでまずいいことはありません。

なので、頻繁に使うコードは、いちいち打ち込まなくてもいいようにしておきましょう。

具体的には、
[jin-iconbox12]

  • エディタなどのツールの設定を見直す
  • ユーザ辞書を使う

[/jin-iconbox12]
この二つの方法があります。

エディタなどのツールの設定を見直す

コーディングを効率化したいなら、とりあえずSublime Textを使っておけば大丈夫です。

例えば、

<img src="">

と打ち込みたい場合には、

<im

と打ち込むだけで変換候補が出てくるので、あとはエンターを押すだけです。

プログラミングをしていて疲れる時の対処法【3つあります】

プログラミングをしていて疲れる時の対処法【3つあります】

ユーザ辞書を使う

もう一つの方法として、ユーザ辞書を使うやり方もあります。

ユーザ辞書は、キーボードの設定から登録できます。

プログラミングをしていて疲れる時の対処法【3つあります】

例えば、

<img src="">

と打ち込みたい場合には、「い」と打ち込むだけで、キーボードの変換候補に全文が表示されます。

あとは、エンターを押すだけでオッケイ。

プログラミングをしていて疲れる時の対処法【3つあります】

プログラミングをしていて疲れる時の対処法【3つあります】

無駄な行動をなくす

これはプログラミング以外にも言えることですが、無駄な行動はとにかく削りましょう。

例えば、
[jin-iconbox12]

  • 同じサイトを開く時、毎回検索にかける → ブックマークで解決
  • 手動でコピペ → ショートカットで解決

[/jin-iconbox12]
などなど。

少し細かいですが、こういった小さいことをどんどん削っていけば、その分プログラミングに集中できる時間は増えると思いますよ。

めんどくさいことは、自動化できないか考える

一言でプログラミングといっても、いろいろな作業がありますよね。

例えば、
[jin-iconbox12]

  • ファイルの管理
  • 画像の加工

[/jin-iconbox12]
などなど、コードを書く以外の作業って、色々あると思うんです。

こういうのを全て手動でやっていると、それが積み重なってどんどん疲れていくんじゃないかなーと、私は思っています。

なので、そういうめんどくさいことは、全て自動化してしまいましょう。

具体的には、
[jin-iconbox12]

  • macのオートメーターの紹介
  • iphoneのショートカットの紹介

[/jin-iconbox12]

この二つを紹介します。

macのオートメーター

オートメーターは、Macにもともと入っているアプリですが、とにかくいろんなことを自動化できます。

プログラミングをしていて疲れる時の対処法【3つあります】

プログラミングをしていて疲れる時の対処法【3つあります】

例えば、

pngなどを、jpgに変換する

とかです。

詳しく説明すると、オートメーター上で、pngをjpgに変換するアプリを新たに作ることができるので、このアプリにpng画像をドラックすると、一瞬でjpgに変換してくれます。

プログラミングをしていて疲れる時の対処法【3つあります】

こんな感じで、自動化したい作業があったら、一度オートメーターで自動化できないか考えてみましょう。

iphoneのショートカット

ちなみに、iphoneにも新しくショートカットというアプリが追加されましたが、これもオートメーターと同じく作業を自動化してくれるアプリです。

プログラミングをしていて疲れる時の対処法【3つあります】

例えば、

クリップボードのテキストの文字数をカウントする

など。

ショートカットを作成し、ウィジェットに追加することで、文字数をカウントできます。

プログラミングをしていて疲れる時の対処法【3つあります】

プログラミングをしていて疲れる時の対処法【3つあります】

このアプリを使えば、iphoneでの様々な作業を自動化できるはずです。

どうでもいいことは考えないようにする

どうでもいいことは考えないようにして、その分プログラミングについて考える時間を増やしましょう。

具体的には、
[jin-iconbox12]

  • 毎朝服選びに30分かける

[/jin-iconbox12]
とかだと思います。

服選びに時間がかかってしまうという人、結構いると思います。

とはいえ、30分かけて服を選ぶのって、普通に疲れませんか?

別に、服を選ぶのが好きだという人を否定しているわけではありません。

ただ、服を選ぶのがめんどくさい・疲れると思っている人は、別に無理して選ばなくてもいいと思うんですよね。

逆に、その30分をプログラミングの勉強に回した方が効率的です。

思い出すだけでも、勉強になる!

実は、勉強した内容を思い出すだけでも、立派な勉強になるんですよ。

例えば、
[jin-iconbox12]

  • 昨日受けた授業は、どんな内容だったかを思い出す
  • 昨日勉強したことを、もう一度思い出す

[/jin-iconbox12]
思い出すだけなので、通勤中の電車の中でもできます。

必要なのは頭だけですからね。

というわけで、今回のまとめとしては、

[jin-iconbox12]

  • 無駄なことはどんどん削ろう
  • めんどくさいことはどんどん自動化しよう

[/jin-iconbox12]

でした。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です