【プログラミング】コードを忘れるのは、当たり前【対処法を解説】

こんにちは、マルユメ@ブロガーです。

本記事では、

[chat face=”chara1.png” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]自分で書いたコードを、すぐに忘れてしまう![/chat]

[chat face=”chara2.png” align=”left” border=”red” bg=”red” style=”maru”]コードを忘れたときの対処法が知りたい![/chat]

[chat face=”chara3.png” align=”left” border=”blue” bg=”blue” style=”maru”]コードを忘れないためにはどうすればいいのか知りたい![/chat]

このような人に向けて下記の内容を解説します。

[box03 title=”目次【記事の内容】”]

  1. 【プログラミング】コードを忘れるのは、当たり前【対処法を解説】

[/box03]

実際にプログラミングを独学で1年以上勉強してきた経験をもとに、コードを忘れるのは当たり前である理由と、その対処法を解説します。

この記事を読めば、コードを忘れても全く問題ない理由と、忘れた時の対処法がわかります。

1. コードを忘れるのは、当たり前

【プログラミング】コードを忘れるのは、当たり前【対処法を解説】
大前提として、書いたり読んだりしたコードを忘れるのは当たり前です。

人間の性質上、全てのコードを一字一句覚えるのは不可能なので、忘れたとしても全く問題ないです。

それよりも、忘れた時にどんな対処をするのかが重要になってきます。

コードを忘れた時の対処法

対処法は、主に三つあり、
[jin-iconbox12]

  • コメントを活用する
  • 忘れたら何度も調べる
  • よく利用するサイトはブックマークしておく

[/jin-iconbox12]

順番に説明していきます。

コメントを活用する

これは、コードを忘れた時の対処法というより、コードを忘れないための対処法という感じです。

具体的には、以下のような感じです。

//文書宣言
<!DOCTYPE html>

これは、コメントによって「このコードは文書の宣言をするコード」だということを表現しています。

このコメントがあれば、「このコードは文書宣言をするコードなんだな」ということがわかりますよね。

もし、「このコードはどんな処理をするんだっけ?」という感じになったとしても、その処理内容をコメントとして残しておけば、すぐに思い出すことができます。

例えば、以下のような長くて複雑なコードでも、

<?php

//メニューの登録
register_nav_menu( 'global-navigation', 'グローバルナビゲーション' );

//style.cssの読み込み
function theme_name_scripts() {
	wp_enqueue_style( 'style-name', get_stylesheet_uri() );
}

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_name_scripts' );

//ウィジェットの有効化
function theme_slug_widgets_init() {
    register_sidebar( array(
        'name' => __( 'サイドバー' ),
        'id' => 'sidebar',
    ) );
}

add_action( 'widgets_init', 'theme_slug_widgets_init' );

//アイキャッチ画像の設定
function custom_theme_setup() {
	add_theme_support( 'post-thumbnails' );

	set_post_thumbnail_size( 300, 200, true);
}

add_action( 'after_setup_theme', 'custom_theme_setup' );

こんな感じでコメントを残しておけば、ここからここまではこの処理をするコードだなということがわかるので、長いコードも読みやすくなります。

また、コードを編集する時にも、コメントを残しておけば変更すべき場所がすぐにわかるので、効率的に作業できるようになります。

このように、コメントを残すことには様々なメリットがあるので、特に長いコードを書く時は積極的に使っていきましょう。

忘れたら何度も調べる

忘れたら、何度も調べましょう。

一度書いただけで覚えるのはほぼ無理なので、忘れたらまた調べればオーケーです。

たぶん、ググればすぐに思い出すはずなので。

幸い、インターネットが普及しているおかげでいつでも調べられますからね。

使えるものは、積極的に活用していきましょう。

具体的な検索方法

例えば、htmlで画像を読み込みたい時は、Googleで

html 画像 読み込み

と検索すれば、大体出てくるはず。

もしくは、リファレンスを使う方法もあります。

こちらは、個人ブログより網羅的に情報をまとめてくれているので、かなり便利です。

よく利用するサイトはブックマークしておく

よく利用するサイトは、ブックマークしておきましょう。

忘れるたびに、いちいち検索してページを探すのは面倒なので、よく使うサイトは積極的にブックマークしておきましょう。

例えば、使っている言語のリファレンスをブックマークしておくだけでも、かなり便利になると思いますよ。

ちなみに、ブックマークへの登録は非常に簡単で、chromeであれば、ブックマークしたいページを開いて、そのアドレスバーの右側の星マークをクリックするだけで登録できます。

【プログラミング】コードを忘れるのは、当たり前【対処法を解説】

かなり簡単な作業ですが、これをするだけでいちいち検索する必要がなくなるので、絶対に使うべき。

というわけで、今回のまとめとしては、

[jin-iconbox12]

  • コードを忘れるのは当たり前なので、気にするな

[/jin-iconbox12]

でした。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です