プログラミングのイベントに参加しても成長しない人の特徴

こんにちは、マルユメ@ブロガーです。

本記事では、

[chat face=”chara1.png” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]プログラミングのイベントに参加したいけど、どんなイベントがあるのか知りたい![/chat]

[chat face=”chara2.png” align=”left” border=”red” bg=”red” style=”maru”]プログラミングのイベントに参加して成長するコツが知りたい![/chat]

[chat face=”chara3.png” align=”left” border=”blue” bg=”blue” style=”maru”]プログラミングのイベントに参加しても成長しない人の特徴が知りたい![/chat]

このような人に向けて下記の内容を解説します。

[box03 title=”目次【記事の内容】”]

  1. プログラミングのイベントに参加しても成長しない人の特徴

[/box03]

実際にプログラミングを独学で1年以上勉強してきた経験をもとに、プログラミングのイベントに参加しても成長しない人の特徴を解説します。

この記事を読めば、プログラミングのイベントに参加しても成長しない人の特徴がわかります。

1. プログラミングのイベントに参加しても成長しない人の特徴

プログラミングのイベントに参加しても成長しない人の特徴

プログラミングのイベントに参加しても成長しない人の特徴は、以下の通りです。
[jin-iconbox12]

  • イベントに参加する「目的」がない・ふわふわしている・なんとなく参加している

[/jin-iconbox12]
詳しく説明していきます。

イベントに参加する「目的」がない・ふわふわしている・なんとなく参加している

イベントに参加して成長したいなら、イベントに参加する「目的」を持つべき。

例えば、
[jin-iconbox12]

  • 人工知能講座 → 人工知能の勉強がしたい
  • Androidアプリ開発体験会 → アプリ開発を体験したい
  • ゼロから学ぶPython勉強会 → Pythonをゼロから勉強したい
  • プログラミング交流会 → 同じ境遇の人たちと交流したい
  • プログラミングサロン → サロン運営者の情報が欲しい、交流したい

[/jin-iconbox12]
こんな感じで、何かしら目的は見つかるはずです。

目的を持たないとふわふわして終わるだけで、「結局何だったんだ?」という感じで終わります。

どうせ参加するなら、そのイベントを自己成長のために最大限利用しましょう。

プログラミングのイベントを種類別に見てみる

プログラミングのイベントを種類別に分けると、以下のような感じになります。
[jin-iconbox12]

  • 〇〇講座
  • 〇〇体験会
  • 〇〇勉強会
  • 〇〇交流会
  • 〇〇サロン

[/jin-iconbox12]

〇〇講座

「講座」という名前の通り、基本的には講義形式で行われます。

なので、講師が前に立ち、大人数に向かって授業をするような感じになります。

講義形式のイベントに参加したいなら、「講座」と書かれたイベントに参加しましょう。

〇〇体験会

体験会は、その名の通り「体験してみる会」です。

講師からやり方を教わって、実際に手を動かしながら学習を進めます。

「プログラミングを始めたいけど、やり方がわからない」という人は、
[jin-iconbox12]

[/jin-iconbox12]
こんな感じのイベントを選びましょう。

〇〇勉強会

勉強会は、講義形式とは違い参加者が主体となって勉強、質疑応答、発表などを行うものです。
[jin-iconbox12]

  • わからないことがあるので、直接聞いてみたい
  • 発表の練習をしたい
  • 自分の作品を発表して、他者からの評価を確認したい

[/jin-iconbox12]
こんな感じの人は、勉強会に参加しましょう。

〇〇交流会

交流会は、「みんなで集まってお話しでもしましょう」という感じ。

なので、
[jin-iconbox12]

  • 新しい出会いを見つけたい
  • 新しい価値観を見つけたい
  • 同じ境遇の人と話がしたい

[/jin-iconbox12]
このような人は、交流会に参加しましょう。

〇〇サロン

サロンは、基本的に個人で運営しているイベントのようなもので、内容は運営者によって変わってきます。

例えば、
[jin-iconbox12]

[/jin-iconbox12]
こんな感じで、「人生逃げ切りサロン」に入ると、「やまもとりゅうけん」さんと交流できたり、情報を入手したりできます。

なので、「その人」の情報が欲しい、「その人」と交流したいという人は、サロンを選びましょう。

プログラミングのイベント情報をゲットできるサイト【3選】

イベント情報の確認、予約などができるサイトは、以下の通りです。
[jin-iconbox12]

[/jin-iconbox12]
どのサイトも、大きな差はないです。

とりあえず、自分に合いそうなサイトを使っておけばオーケー。

イベントに参加する意味とは

イベントに参加する意味は、「人との交流」です。

例えば、
[jin-iconbox12]

  • 同じ境遇の人と話せる
  • 情報を交換し合える

[/jin-iconbox12]
こんな感じで、人と直接コミュニケーションが取れるというところがイベントに参加する大きな意味です。

特に、個人で開発したりプログラミングを勉強したりしている人は、基本ずっと1人でいることが多いはずなので、たまに孤独を感じることがありますよね。

「1人で作業」に疲れたら、イベントにでも参加して人と話してみるのも良い刺激になりますよ。

というわけで、今回のまとめとしては、
[jin-iconbox12]

  • プログラミングのイベントに参加するなら、「目的」を持て
  • イベントに参加する意味は、「人との交流」である
  • 「1人で作業」に疲れたら、イベントに参加しよう

[/jin-iconbox12]
でした。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です