スキルがなくて会社を辞められないときにやるべきこと。スキルがないときの対処法とは?

会社を辞めたいけど、スキルがない・・・。でも、どうやってスキルを身につければいいかわからない!

という悩みを抱えている人は、精神的に辛いですよね。

スキルがない状態で会社を辞めてしまうと、未経験採用という形で転職活動をしないといけません。

未経験の転職活動は、もし採用が決まらなかったら無職になってしまうというリスクがあります。

「失敗して無職になるくらいなら、このまま我慢して働き続けたほうがいいかも」と弱気になってしまうのも無理はありません。

ですが、はっきり言って、失敗するのが怖いなら、まだ会社を辞めないほうが良いです。

何の計画も立てずにいきなり辞めてしまうのが一番ダメです。これだと、結局失敗する確率が高くなります。

リスクを取ってでもこの状況を何とかしたい!

と思うのであれば、ざっくりと計画を立てて、その上で会社を辞めましょう。

リスクを取る勇気も必要ですが、ある程度行動の指針を作って、それに沿って動くということも大事です。

ぶっちゃけ、計画を立てても、会社を辞めることに対する不安は消えないと思います。

でも、現状を変えるためには、やるしかありません。やらずに後悔するより、やって後悔したほうが断然良いです。これだけは断言できます。

少し長くなってしまいましたが、今回はスキルがなくて会社を辞められない時にやるべきことを解説します。

その会社でしか使えないスキルしか身に付いていない

「今の会社では仕事できるけど、いざ次!となった時に自信がない・・・。」

スキルがないと悩む人の多くは、その会社でしか使えないスキルしか身に付いていない可能性が高いです。

例えば、私の場合は

「その会社でしか使えない社内専用ツールを使い続ける」

という経験をしたことがあります。

当然社内専用のツールなのでその会社でしか使えませんから、いくら使い方をマスターしたところで社外では役に立ちません。

もちろん、ツールを使うことでパソコンの扱いに慣れる、パソコンの知識が増えるということもあると思います。

ですが、少なくとも「専用ツールの知識」は、他の会社では使えませんよね。

私はプログラムを作成する仕事をしていた時期がありますが、その会社ではコードを書くのではなく、コードを自動で生成するツールを使ってプログラムを作っていました。

そのツールがまさに社内専用ツールで、同じ業界ではプログラムを手書きするのが主流となっていたため、もしこの会社を辞めたときに雇ってもらえるか?という点はかなり不安でしたね。

ツールの知識だけでいきなりプログラムを書くなんて無理ですし、慣れるにはそれなりに時間がかかります。

「その会社でしか使えないスキルなんてない。大事なのはその知識をどう活かすかだ」

と考える人もいると思います。

確かにその通りなのですが、とはいえ専用ツールようにどう考えても社外で使えないスキルがあるというのも事実です。

今振り返ってみると、

「このスキルは果たして社外で使えるのか?」
「この会社にいて社外でも通用するスキルが身につくか?」

という点はもっと考えておくべきだったなと思っています。

でないと、いつまで経ってもスキルが身に付かず、いざ会社を辞める!となったときに困ることになります。

それに、いつまで経ってもスキルが身につかないというのは、精神的にも苦しいと思います。

興味がなければスキルは身に付かない

私は、スキルを身につける上で大事なのは

「少しでも興味が湧く物事を仕事や生活の中から見つけること」

だと思っています。

一言で「仕事がつまらない」といっても、

「パソコンをいじっているときは楽しい」
「このツールを使うのは楽しい」
「この作業は自然と集中できる」

といったものが少なからずあるはずです。

作業を効率化したいというのでも問題ありません。

「エクセルを日常的に使っているけど、時間がかかってめんどくさい」

という場合には、VBAを使えば作業を効率化しつつ、プログラミングの勉強ができますよね。

エクセル作業を効率化したい→効率化するにはVBAを使う必要がある→VBAを勉強すれば効率化できるようになるしプログラミングスキルも身につく

みたいな感じで、作業を効率化したいというところからスキルを身につけることもできるわけです。

別にVBAでなくても、エクセルを効率的に使いこなせるというのは立派なスキルです。

とはいえ、やはり興味がなければ勉強を続けるのは難しいです。

プログラミングも、「プログラミングってどんな感じなんだろう」という興味がなければ、そもそも調べたりしないですよね。

私は洋服に対してはあまり関心がなく、結構適当に選ぶ人間なのですが、洋服も同じようにこういう服を着てみたいと思わなかったら、そもそもお店にも行かないし、買いに行ったりもしません。

なので、まずは少しでも興味のあることを見つけて、そこからどんなスキルを身につけられそうかを考えてみる、といったことが必要になってくると思います。

教育制度を用意していない会社も悪い

「スキルがないのは自分の怠慢なのか・・・」

と落ち込む人もいると思います。ですが、会社にも責任はあります。

入社前は教育制度整ってますと体裁のいいことを言っていたのに、いざ入ってみると忙しすぎて残業しまくり・・・

というのはよくある話です。

私が勤めていた会社では、製品の開発スピードが早すぎて勉強どころじゃないという感じで、勉強する時間も気力もないという感じでした。

こんな状態では、もう自分で勉強するしかありません。

「自分で勉強するのは当たり前」

と思う人もいると思います。

もちろんその通りですが、さんざん残業させておいて、勉強は自分でやれというのはちょっと酷いなと感じます。

ですので、無理に自分を追い込みすぎる必要はないと思います。

スキルがないなら今すぐ行動を始めよう

スキルがないという不安は、時間が経過するほど大きくなっていきます。

不安が大きくなればなるほど、ますます次の一歩を踏み出しづらくなってしまいます。

これでは、いつまで経っても次のステップに進むことができません。悩み続けるだけで終わってしまいます。

そうなる前に、まずはざっくりと計画を立てて、スピード感を持って行動しましょう。

「会社で働きつつ興味のある資格の勉強をする」
「貯金があるなら、会社を辞めて勉強に専念してみる」
「フリーターとして働きつつ、勉強する時間を増やす」
「いきなりフリーランスとして独立し、仕事をしてみる」

など、計画は人によっていろいろあると思います。

勉強して転職を考えているなら、

「興味のあるスキルを身につけられる会社はあるか?」
「教育制度は整っているか?」

といった感じで、求人サイトなどで自分に合いそうな会社の情報を集めておけば、より具体的に計画を立てられますし、行動もしやすくなります。

確かに、会社を辞めることを考えたときには、

「収入がなくなる」
「無職になるのでは」
「貯金もそんなにないし不安」

など、不安は尽きません。

ですが、「スキルもないし、会社辞めてやっていけるのだろうか・・・」

と悩んでいるだけでは、状況は一向に変化しません。

それに、ストレスを溜め込むと精神的にも良くないです。

不安やストレスが爆発して病んでしまう前に、さっさと行動してしまいましょう。

リスクを取って一歩踏み出す勇気も、ときには必要だと私は思います。

行動を始める際の選択肢について

次の一歩を踏み出せといっても、具体的にどんな選択肢があるのかわからないと不安ですよね。

私が思うに、選択肢は大きく分けて4つあります。

転職活動をする

一つ目は、シンプルに転職するという選択肢です。

現在、少子高齢化でどこも人手が足りていないのが現状です。

そのため、スキルがない・未経験でも若い人材を雇用したいという需要はどんどん高まってきています。

スキルがなくても、しっかり転職活動すればチャンスは十分にあると思いますよ。

なので、スキルがないからといって臆する必要はありません。

今の会社ではスキルは身につかないと思うのであれば、思い切って転職してしまうのもありです。

正社員からアルバイト、派遣社員になるよりは収入の増減は少なく、損失も小さいはずです。

働きつつ勉強もするなら、安定した収入があった方が精神的にも安定すると思いますよ。

とはいえ、一人で転職活動を行うのは負担が大きいので、本格的に転職活動を行うなら無料で利用できる転職エージェントを利用するのがオススメです。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントは、面接対策や経歴書の作成、求人の紹介などを行ってくれる無料の仲介サービスのことです。

お金は企業から出ているので、サービス利用者に負担はかからない仕組みになっています。

また、利用者が採用されない、もしくは採用後半年以内に離職してしまうとエージェント側も利益を得られないので、本気でサポートをしてくれます。

上手に使えばかなり効率的に活動を進めることができるので、積極的に活用していきましょう。

転職エージェントは、知名度トップクラスのマイナビジョブ20'sDODAあたりを使うのが良いでしょう。

アルバイト、派遣社員として働きつつ、スキルを身に付ける

二つ目は、アルバイト、派遣社員として働きつつ、勉強するという選択肢です。

正社員よりも収入は落ちますが、勉強できる時間が増える、仕事の負担も少ないなどのメリットがあるので、選択肢としては悪くないと思っています。

もちろん、転職などを考えるのであればどこかのタイミングで進路を考える必要がありますが、一時的にアルバイトをするのであれば全く問題はないです。

正社員だとどうしてもゆっくり考える時間が取れないことが多いので、アルバイトをしている間に腰を据えてこれからの進路についてじっくり考える、ということもできます。

派遣社員として働くなら、大手のマイナビスタッフで求人を探してみてください。

フリーランスとして独立する

三つ目は、フリーランスとして独立するという選択肢です。

フリーランスとして稼ぐにはまずスキルを身につける必要がありますが、一度スキルを身につけてしまえば継続的に稼ぎやすいです。

やり方はいろいろありますが、例えば私なら

プログラミングスクールでWEB制作スキルを身につける → クラウドソーシングサイトで案件を取ってみる

といったことを考えます。

プログラミングスキルを身につければ、単価の高い案件も取れるので、稼ぎやすいというのもあり割とおすすめです。

気になったら、クラウドワークスランサーズでWEB制作の仕事を検索してみてください。

プログラミングスクールに通うなら、知名度が高くコスパも良いプログラミングのオンラインスクールCodeCamp TechAcademy [テックアカデミー] あたりが良いでしょう。

また、フリーランス向けの求人サイトというものもあり、ここを見ておけば単価の高い案件情報などを探すことができます。

登録は無料なので、とりあえず登録しておくと良いでしょう。

フリーランス向けの求人サイトは、ギークスジョブ レバテックフリーランス 【midworks】 あたりが案件が豊富でオススメです。

特にCodeCampではオンラインで受講できるので、会社で働きながらでも勉強しやすいと思います。

スキルがないことを恐れる必要はない。リスクを取って未来を切り開け

スキルがないと悩む人の多くは、リスクを極端に恐れすぎです。

はっきり言って、会社を辞めることより、スキルの身につかない会社で働き続けることのほうがよっぽどのリスクです。

転職というと、

「本当に転職できるのか?」
「無職になってしまうのでは?」

と、ネガティブなイメージばかり浮かんでしまいます。

ですが、いずれにせよ

「いつまでこの会社で働き続けるのだろうか・・・」

と悩むときは必ずやってきます。

その時には、嫌でも決断を迫られることになります。

残念ながら、転職すれば絶対に成功するという保証はどこにもありません。

それでも、未来を変えたいならリスクを取って自分から動くしかありません。

スキルがないと悩み始めたら、すぐに行動を開始しましょう。

求人サイトで求人を見るだけでも構いません。まずは最初の一歩を踏み出すことが、大切ですよ。

WordPressテーマ「SIMPLE」

simple

「SIMPLE」は、シンプルなデザインと多彩な機能を兼ね備えたオリジナルWordPressテーマです。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。