【筋トレ】1日1回でも筋肉はつく【継続が命】

こんにちは、マルユメ@ブロガーです。

本記事では、

[chat face=”chara1.png” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]筋トレをしているけど、なかなか続かない![/chat]

[chat face=”chara2.png” align=”left” border=”red” bg=”red” style=”maru”]1日1回でも筋肉はつくのか知りたい![/chat]

[chat face=”chara3.png” align=”left” border=”blue” bg=”blue” style=”maru”]筋肉をつけたいけど、きついのは嫌だ![/chat]

このような人に向けて下記の内容を解説します。

[box03 title=”目次【記事の内容】”]

  1. 1日1回でも筋肉はつく

[/box03]

現在は大学生をしつつ、毎日筋トレに励んでいます。今回はそのような背景から、1日1回でも筋肉がつく理由を解説します。

この記事を読めば、1日1回でも筋肉がつく理由がわかり、筋トレを習慣化できるようになります。

1. 1日一回でも筋肉はつく

【筋トレ】1日1回でも筋肉はつく【継続が命】

具体的な内容は、以下の通り。

[jin-iconbox12]

  1. 筋トレが続かない原因とは
  2. 1日一回から筋トレを習慣化する方法
  3. 1回を習慣化した後にやるべきこと
  4. 買っておくべき筋トレグッズ【特になし】
  5. 始めたての人は、筋肉が落ちづらい

[/jin-iconbox12]

1日1回でも、筋肉はつきます。

理由としては、1回から始めることで、徐々に習慣化できるから。

詳しく説明していきます。

筋トレが続かない原因とは

よく、「体を鍛えようと思って筋トレを始めたけどなかなか続かない」とか、「三日坊主で終わる」という経験をした人は多いと思います。

このような「続かない」人たちの多くは、いきなり多くのことをやろうとしている場合が多いです。

例えば、筋トレをしたことのない人がなんでも良いので何かトレーニングを始めるとします。

例えば、以下のような感じです。
[jin-iconbox12]

  • 腕立て伏せ × 20回
  • スクワット × 20回
  • フロントブリッジ(体幹のやつ)1分 × 3セット

[/jin-iconbox12]
どうですか?これをいきなりやるのは正直きついですよね。しかも毎日やるとしたら、多分三日で終わります。

なので、最初のうちは
[jin-iconbox12]

  • 腕立て伏せ × 1回
  • スクワット × 1回
  • フロントブリッジ 30秒 × 1回

[/jin-iconbox12]
このくらいにしておいて、徐々に慣れるのを待つべき。

1日一回から筋トレを習慣化する方法

大前提として、人間の脳は急激な変化を嫌います。

いきなりハードすぎるトレーニングをしようとして、「めんどくさい」・「辛い」・「やりたくない」という感情を抱いた人は結構いると思います。

なぜこのようなことが起こるのかというと、頭が急な変化についていけなくて、パンクしてしまうからです。

そのため、いきなりのハードなトレーニングはやめて、まずは一回から初めてみるべき。

1日一回であれば1分もかからないはずなので、どんなに疲れていたとしても多分できますよね。

一回のトレーニングを続けていると、徐々にめんどくさいとか辛いといった感情がなくなってきます。

そうすると、一回のトレーニングをなんの抵抗もなくできるようになります。

これが、いわゆる習慣化というものです。

ここまでくると、多分一回だけでは物足りなくなってくるはず。

その状態に持ってこれたら、あとは徐々に回数を増やしていくだけです。

1回を習慣化した後にやるべきこと

一回のトレーニングを習慣化できたら、それは回数を増やすチャンスです。

ずっと一回だけしかやらないのは流石に飽きるので、このタイミングで回数を増やすべき。

例えば、

1回 → 5回 → 10回 → 20回

という感じで、5回に増やしてまた飽きてきたら10回、また飽きたら20回という感じ。

ただ、ここでいきなり1回から20回みたいに増やしすぎるとまたやりたくなくなる可能性が出てくるので、少しずつ増やすことをおすすめします。

一回のトレーニングを習慣化した時点で、筋トレを継続することには慣れてきているはずなので、少し回数を増やしても、多分続きます。

それでも少し物足りないと感じたら、新しいトレーニングを始めてみるなど、習慣の中に新しい変化を取り入れてみると、楽しく続けられますよ。

例えば、最初は
[jin-iconbox12]

  • 腕立て伏せ × 1回

[/jin-iconbox12]
だったのを、
[jin-iconbox12]

  • 腕立て伏せ × 10回
  • スクワット × 1回

[/jin-iconbox12]
みたいにするといいかなと思います。

こんな感じで、回数を増やしたり新しいトレーニングを取り入れたりすることで、いずれは20回の腕立ても毎日続けられるようになります。

買っておくべき筋トレグッズ【特になし】

最初のうちは特に買わなくて良いかなと思います。

自分の体重を使う自重トレーニングだけで十分鍛えられるので、ジムにもいく必要はないと思います。

ただ、下にひくマットはあってもいいかもしれません。

床で直接やろうとすると骨があたって痛いし、布団やベッドの上だと沈むのでちゃんと鍛えられないことがあります。

さらに言えば、部屋にマットを引いておけばそれだけで筋トレをしようという気持ちが多少わくと思うので、そういう意味でもマットは持っておいても良いかなと思います。

継続することは大事ですが、「絶対に続けないといけない」みたいな心持ちだと疲れるので、あまり考えすぎない方がいいです。

「今日はこのくらいでいいか」ぐらいの方が、長続きしますよ。

始めたての人は、筋肉が落ちづらい

基本的に、始めたての人ほど筋肉は落ちにくいです。

よく、「アスリートは2~3週間トレーニングをしないと筋力が落ちる」と言われますが、筋トレ初心者は気にしなくてオーケーです。

ちょっと休んだとしてもすぐには落ちないので、焦る必要はないと思います。それよりも、楽しむことが大事です。

というわけで、今回のまとめとしては、
[jin-iconbox12]

  • 1日1回でも、筋肉はつく
  • 1日1回から始めると、筋トレを習慣化できる

[/jin-iconbox12]
でした。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です