【iPhone】スクリーンタイムを使ってYouTubeの視聴時間を制限する方法

iPhoneのスクリーンタイム機能を使ってYouTubeの視聴時間を制限する方法を解説します。

この設定をすることで、YouTubeの見過ぎを防止できます。

スクリーンタイムを使ってYouTubeの試聴時間を制限する

iPhoneで「設定 → スクリーンタイム」に進み、スクリーンタイムをオンにします。

「App使用時間の制限」をタップします。

「制限を追加 → エンターテイメント → YouTube」と選択し、制限する時間を決めます。

以下の画像のように、制限が追加されていれば完了です。

例えば制限を1時間に設定すれば、YouTubeの視聴時間が1時間に達した時に通知が表示されます。

「OK」を押すとホーム画面に戻り、「制限を無視」を押すと試聴時間を延長できます。

延長した後また制限時間に達したら、再度通知がきます。

WordPressテーマ「SIMPLE」

simple

「SIMPLE」は、シンプルなデザインと多彩な機能を兼ね備えたオリジナルWordPressテーマです。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です