【iPhone】通知をオフにして生産性を高めよう

iPhoneでアプリの通知をオフにする方法です。

通知が来た時の音とバイブレーションは集中を妨げる原因になるので、オフにして生産性を高めましょう。

とはいえ、通知を完全にオフにしてしまうとメール電話などはアプリを開かないとメールや不在着信を確認できないので少し不便です。

そこで、メールや電話ではバッチ通知のみオンにすることで、ホーム画面を見ればメールや不在着信が来ているかどうかを確認できるように設定します。

iPhoneで通知をオフにする方法

iPhoneで「設定 → 通知」に進みます。

上の三つの設定は、それぞれ下記のように設定します。

  • プレビューを表示 → しない
  • Siriで着信メッセージを読み上げ → オフ
  • Siriからの提案 → オフ

ここからは、通知をオフにしたいアプリを一つずつオフにしていきます。

アプリを選択して、「通知を許可」をオフにすれば通知が来なくなります。

メール・電話はバッジ通知のみオンにする

通知が来ているかどうかをホーム画面を見るだけでわかるようにするには、バッジ通知をオンにする必要があります。

メール・電話のアプリを選択して、「バッジ」のみオンにします。

WordPressテーマ「SIMPLE」

simple

「SIMPLE」は、シンプルなデザインと多彩な機能を兼ね備えたオリジナルWordPressテーマです。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です