起業して成功するコツは、「時間」と「行動」にある

こんにちは、マルユメ@ブロガーです。

本記事では、

[chat face=”chara1.png” align=”left” border=”gray” bg=”gray” style=”maru”]起業して成功したい。何かコツはあるのだろうか?[/chat]

このような人に向けて下記の内容を解説します。

[box03 title=”目次【記事の内容】”]

  1. 起業して成功するコツは、「時間」と「行動」にある

[/box03]

1. 起業して成功するコツは「時間」と「行動」にある

起業して成功するコツは、「時間」と「行動」にある

具体的な内容は、以下の通り。

[jin-iconbox12]

  • 「寝る」以外の時間をすべて作業に回せ
  • できるだけ多くの時間を作業に回すためのテクニック
  • これからの時代は、行動した人が勝つ

[/jin-iconbox12]

詳しく説明していきます。

「寝る」以外の時間をすべて作業に回せ

いきなりの無茶振りですが、とはいえこれができたら成功の可能性はかなり上がります。

まず、起業の中心にあるものって何だと思いますか?

答えは、「作業」です。

そもそも起業とは、新しく事業を起こすことですよね。

言い換えると、起業とは「自分で考えて行動し、お金を稼ぐこと」と言えます。

ぶっちゃけ「ブログで稼ぐこと」も、自分で記事を書き、googleアドセンス広告やアフィリエイト広告で収入を得ることなので、立派な事業と言えるわけです。

では「作業」の話に戻りますが、例えばブログで稼ぐには、一体どのくらいの作業が必要になると思いますか?

ざっと並べてみても、これだけあります。
[jin-iconbox12]

  • ドメインの取得
  • レンタルサーバーの契約
  • WordPressのインストール
  • テーマのインストール
  • 記事構成の立案
  • 記事の作成
  • アイキャッチ画像の選定
  • 記事の校正
  • 記事の公開

[/jin-iconbox12]
ブログを作って記事を投稿するだけでも、これだけの作業が必要になります。

ぶっちゃけ、作業したからといって成功するとは限りません。しかし、作業しなければ永遠に成功しません。

そのため、成功する可能性を上げる最も手っ取り早い方法は、「できるだけ多くの時間を作業に回すこと」になります。

ここで、今回のテーマである「寝る以外の時間をすべて作業に回せ」が出てきます。

寝る以外の時間を全て作業に回したら、その分だけ成果の出るスピードが上がるので、成功する確率は大幅に上がります。

とはいえ、普通に考えて寝る以外の時間を作業に回すなんてほぼ不可能な人が多いと思うので、ここでは「できるだけ多くの時間を作業に回すためのテクニック」を解説します。

できるだけ多くの時間を作業に回すためのテクニック

具体的なテクニックとしては、以下のような感じです。
[jin-iconbox12]

  • 誘惑を排除する
  • 朝起きたらすぐ作業に取り掛かる
  • 通勤中も作業ができる環境を整える

[/jin-iconbox12]

誘惑を排除する

誘惑とは、例えば「YouTube」、「漫画」、「ゲーム」、「テレビ」など、あげればきりがないですが、とにかく作業の妨げになるようなものはすべて誘惑です。

特にYouTubeなんかは、アプリを入れているだけで観ちゃう人は多いと思います。

とはいえ、YouTubeはアプリじゃなくてブラウザでも見れますよね。

そのため、YouTubeのアプリが原因で作業ができないなら、アプリは今すぐ消去すべきです。

アプリがない状態でYouTubeを見るには、ブラウザで「YouTube」と検索してページにアクセスする必要があります。めんどくさいですよね。

このめんどくさい作業を一つ増やすことによって、誘惑に流される確率を減らすことができます。

YouTubeを見るなとは言いません。しかし、アプリを一つ消すだけでも、作業に集中できる時間は増やせると思いますよ。

また、自宅に漫画やテレビ、ゲームなどがある人も要注意です。

「自宅で作業をしているが、集中がきれるとついつい漫画を読み始めてしまう。」このような人は多いと思います。

この場合は、思い切って漫画を売るか、作業する場所を変える他ないです。

もし「漫画を売るべきか?」で悩んでいるのなら、すぐに売るべきです。

同様に、「場所を変えるべきか?」で悩んでいるのなら、すぐに変えるべきです。

なぜなら、その悩んでいる時間にも作業ができるからです。こういう時は、速攻で行動すべきです。

朝起きたらすぐ作業に取り掛かる

「とりあえず、朝起きたらすぐ作業に取り掛かる」という習慣をつけられたら、「なかなか作業に取りかかれない」状態を克服できます。

「作業する気分になれない」とか、「なかなか作業に取りかかれない」ということはよくありますが、ぶっちゃけ時間の無駄ですよね。

しかし、上記の習慣を身につけてしまえば、このような無駄な時間は無くなります。

人間の脳は、「慣れていないことをするのが嫌いで、慣れていることをするのが好き」という仕組みになっています。

筋トレや瞑想など、新しい習慣を身に付けようとしたときに、三日坊主になってしまうのはこのためです。

そのため、慣れるまではめんどくさいと感じますが、慣れてしまえば何の抵抗もなくその作業に取りかかれるようになります。

とはいえ、いきなり「朝起きて何時間も作業する」という習慣をつけるのは難しいので、

最初は「朝起きて1分だけ作業する」という感じでもいいと思います。

慣れてきたら、10分、30分、1時間という風にどんどん時間を増やしていけば、次第にできるようになっていきます。

通勤中も作業ができる環境を整える

通勤中だけでなく、あらゆるスキマ時間を作業に回せるような環境を整えることは、かなり重要です。

例えば、1日の通勤時間が往復で2時間だとすると、一ヶ月で60時間、一年で730時間にもなります。

通勤時間だけで730時間ですよ。これだけでも相当な作業量ですよね。

このように、スキマ時間を有効活用できる環境を整えることでここまでの差が生まれるので、これはやっておくべきです。

ブログの場合は、文章を書くのがメインの作業なので、スマホがあれば場所にとらわれずに記事を作成できます。

これからの時代は、行動した人が勝つ

これからの時代は、行動した人が勝ちます。

情報を持っているかいないかという差は、なくなりつつあります。これは、インターネットが普及して、ほしい情報をほしい時に得られるようになったためです。

そんな中で、成功する人としない人の間で差が生まれるとしたら、それは「行動の差」です。

ブログでいうと、10記事書いた人よりも、100記事書いた人の方がスキルも経験も上です。そして、おそらく後者の方が稼げる可能性は高いです。

マーク・ザッカーバーグがFacebookを作れたのは、それ以前に「人の役にたつモノとは何か?」ということを毎日毎日常に考え、アプリを作り続けていたからです。

つまり、成功するための一番の近道は、「行動すること」です。

というわけで、今回のまとめは、
[jin-iconbox12]

  • できるだけ多くの時間を作業に回せ
  • とにかく行動せよ

[/jin-iconbox12]
でした。

RELATED POSTS

COMMENT FORM

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です